S・スタローン息子の死因未だ不明...強盗殺人課、結婚話からお騒がせ教会も出てきて大混乱!?

シルヴェスター・スタローンの息子で俳優のセイジ・スタローンさん(36)が13日、米ロサンゼルスの自宅で死亡しているのが見つかった事件について、セイジさんの弁護士がコメントを発表。各方面が述べる詳細は全く食い違っており、事件は混乱を見せている。

当初警察は、自宅に何者かが侵入した形跡や犯罪行為を示すものはなかったとし、<TMZ>は、薬物の過剰摂取が死因と思われる、と報じた。さらに死後、発見されるまでに3〜4日、もしくはもっと経過していた、と<TMZ>が14日に報道し、他メディアからも同様に報道された。

セイジさんの弁護士、ジョージ・ブラウンスタイン氏(George Braunstein)はこれらの報道をことごとく否定している。まず「死後、発見される前に少なくとも3日間たっていた」という報道に関して。死体が発見される17時間前に、セイジさんはフェイスブックに自分の写真をアップロードしていたのでそれはあり得ない、と<People>誌に述べた

TMZ>の情報筋は「セイジさんから、1週間ほど誰にも何も音沙汰がなかった」と語り、<TMZ>はさらに「警察関係者」が「セイジさんの部屋にはビールの缶や薬の容器が散乱していた」と明かした、と報じたが、ブラウンスタイン氏はこれも否定。

People>誌にブラウンスタイン氏は、「セイジはお酒を飲みませんでした」と語っている。「酒のボトルが散らかっていた、とあったが、Dr. Brown'sクリーム・ソーダの空瓶ならありましたよ」

ブラウンスタイン氏の供述は、<TMZ>が事件発覚当初に描いた「セイジ・スタローンはハワード・ヒューズのような生活をしていた」、「明らかにどこか具合がおかしかった」というレポートと、真っ向から相反しているのだ。

「彼の人生が何かうまくいっていなかった、というような兆候はありませんでした」とブラウンスタイン氏は続ける。それに加え、セイジさんは最近、ビジネスパートナーであるボブ・ムロースキー氏(Bob Murawsky)と共に、自らのプロダクション会社で制作する映画の契約を交わした、という。そして実は、長年交際していた恋人と先週末にラスベガスで結婚する予定だった、という爆弾発言まで飛び出した。

検視解剖は完了するも、死因は今なお未定

セイジさんの遺体の検視解剖は15日に行われたが、公式な死因はまだ特定されていない。毒物検査の結果は少なくとも4週間ほどは公表されないという。金曜日には、ロサンゼルス郡の検視局が「処方薬などが部屋から見つかった」と<LA Times>誌に公表したが、それが死因と何らかの関係があるかは今のところ不明だ。

情報筋によると警察はセイジさんの死が事故だったと見ている、とあるが、ここでまた今日、思わぬ展開が。事件が今度はLAPDの強盗殺人課にまわされたというのだ。この部署は、要人や注目を集めている事件をあつかうことが多い。

謎は深まるばかりで、まるでメディアと親友/弁護士と警察との三つ巴サーカスだが、ここで目立とうとしているグループがもう一つ出てきた。アンチ同性愛・同性婚で、ゲイであったと分かっている軍人の葬儀があるとデモ隊を送り込むお騒がせなバプティスト教会があるのだが、その集団がセイジさんの葬儀の際にデモに行く予定を立てているという。

セイジさんがゲイだった訳ではない。本人ではなく、父親のシルヴェスター・スタローンが浮気者で3回も結婚したから、神を冒とくして(間接的にばちが当たることになり)、セイジさんが死ぬことになった、と言うのだ。米カンザス州に拠点を置くウエストボロ・バプティスト教会(Westboro Baptist Church)のリーダーの娘であるマージー・フェルプスさん(Margie Phelps)は、5,700人いるフォロワーに向けツィッターで、「3回結婚した(主に対する)反逆者は、息子にも神をあざ笑うことを教えた。#葬儀デモ」「不純な(浮気者の)父は、神の怒りを息子にもたらした。#父の手に血 #葬儀デモ #忌」とつぶやいている。

セイジさんの父親、シルヴェスター・スタローン(66)は「悲しみに打ちのめされ非常にショックを受けている」ということで、16日に、家族のプライバシーを尊重してほしい、という声明を発表した。「大切な命を失ったことを、私達(家族)はこれから一生感じつづけるでしょう。セイジは最初の子供で、私達の世界の中心でした。どうか、息子の思い出と魂をそっとしておいて下さるよう、つつしんでお願い申し上げます」

セイジさんは、S・スタローンと、一人目の妻であるサーシャ・チャックさんとの間の子供。1990年、映画『ロッキー5/最後のドラマ』でロッキーの息子を演じ俳優デビューした。スター家族ゆえにメディアサーカスは続くかも知れないが、お葬式の日くらい、マージー・フェルプスさんがこの願いを聞いてくれないだろうか(...と思うのは筆者だけでしょうか)。

■関連フォトギャラリー

20 PHOTOS
35歳以下でこの世を去ったセレブたち
See Gallery
S・スタローン息子の死因未だ不明...強盗殺人課、結婚話からお騒がせ教会も出てきて大混乱!?

April 4, 1979 - January 22, 2008

Age: 28

December 8, 1943 - July 3, 1971

Age: 27

February 8, 1931 - September 30, 1955

Age: 24

November 27, 1942 - September 18, 1970

Age: 27

January 19, 1943 - October 4, 1970

Age: 27

November 27, 1940 - July 20, 1973

Age: 32

January 16, 1979 - August 25, 2001

Age: 22

May 21, 1972 - March 9, 1997

Age: 24

September 7, 1936 - February 3, 1959

Age: 22

September 17, 1923 - January 1, 1953

Age: 29

February 20, 1967 - c. April 5, 1994

Age: 27

November 10, 1977 - December 20, 2009

Age: 32

June 16, 1971 - September 13, 1996

Age: 25

June 11, 1977 - June 20, 2011

Age: 34

July 25, 1982 - January 15, 2008

Age: 25

February 15, 1964 - December 18, 1997

Age: 33

January 24, 1949 - March 5, 1982

Age: 33

May 27, 1971 - April 25, 2002

Age: 30

September 9, 1941 - December 10, 1967

Age: 26

September 14, 1983 - July 23, 2011

Age: 27

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る

記事元:HuffPost(1)HuffPost(2)HuffPost(3)People
続きを読む