ジャスティン・ビーバーVSパパラッチの高速カーチェイス! パパラッチ有罪か!?

先日伝えられたジャスティン・ビーバーとパパラッチによるハイウェイでのカーチェイス。幸い被害は出なかったものの、執拗に追跡を続けるカメラから逃れようと時速180キロ近くもの猛スピードで高速を走り続け、ビーバーは切符を切られるはめになってしまった。

しかしこの事件、パパラッチ側が危険運転の罪で改めて問われるべきだとカリフォルニア州高速パトロールがロサンゼルス支局に進言。
さらに、セレブの写真を撮影する際に行き過ぎた危険行為が伴った場合には処罰されるという、最近成立したパパラッチ対策法案にも適応されるべきともつけ加えている。

もしパパラッチに有罪判決が下った場合、1年の懲役が課されることとなるとのこと。


関連ニュースの映像


■関連リンク
ジャスティン・ビーバー、電話インタビューの内容に激怒し中座!
続きを読む