「安いロンドン」は可能です! 1日15ポンドで旅する 、とっておきの節約術!!

オリンピック開会式も、もう間近。何でも物価が高い街、と言われるロンドンですが、高いものばかりではありません。日本と同じで、行くところを知っていれば、何日もタダ同然で過ごせます。簡単に実行できる秘けつを、9つビデオでご紹介!


一度は訪ねてみたい街、ロンドン。でもガイドブック通りに回ったら、すぐお金がなくなってしまいます。行ったあかつきには、このヒントのいくつかを実行して、ぜひロンドン通を気取ってください。

1. (タダで)美術館や博物館に行こう!
ロンドンの美術館/博物館は世界的にトップレベルにもかかわらず、そのほとんどは無料。テート・モダンヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)、ナショナル・ギャラリーロンドン博物館など、全部無料で見られます。古代遺物のコレクションでは世界一と言われる大英博物館も、入場料はゼロ!

2. (タダで)教会に行こう!
有名なセント・ポール大聖堂ウェストミンスター寺院に行って、ツアーに参加すると入場料がかかりますが、実際に教会として入り、礼拝サービスに参加するのは無料。時間は外壁に書いてあります。(礼拝の日程はオンラインでも。)

3. 安くランチしよう!
コンビニのおにぎりのように、ロンドンっ子が食べるのは「トライアングル・サンドイッチ」。数ポンドで買える上にどこでも手に入るので便利。プレタ・マンジェ(Pret A Monger)、イート(EAT.)、ブーツ(Boots)、セインスベリーズ(Sainsbury's)、マークス&スペンサー(Marks & Spencer)などで買うものが定番。駅でも買えます。

4. パブで(安く)ランチしよう!
テーブルで座って食べたい場合は迷わずパブへ。たいてい同じような定番メニューですが、ランチスペシャルはお手頃価格。

5. ブリティッシュ・ホテルに泊まろう!
誰でも知っている、ヒルトンのようなアメリカン・ブランドのホテルは避け、地元のブランド(Travel LodgePremier Inn)、または(ハリポタのロケ地にもなった)キングス・クロス駅付近に多い個人経営のB&Bに泊まると、1晩75ポンド程度から部屋が見つかります。

6. 2階建てバスに乗ろう!
ツアーバスに乗ってロンドンをまわると、25〜30ポンドとられますが、有名な赤い2階建てバスに乗って同じ景観を楽しむのは1回乗車につき2ポンド。

7. ウォーキング・ツアーに参加しよう!
「London Walks」のガイド付きウォーキング・ツアーもさまざまなコースがあり、こちらは1コース8ポンド程度。Walks.comでスケジュールをチェック(予約は不要)。

8. 地下鉄に毎回乗らず歩こう!
ウェスト・エンド界隈のほとんどは、徒歩30分以内で着けてしまう範囲。地下鉄の駅間も多くが、徒歩で容易に歩ける距離です。地下鉄に乗ると4ポンドかかるところ、歩いてしまえばタダ。

9. ちょっと怖い?場所で食事してみよう!
ガイド作成者のおすすめのカフェは、トラファルガー広場とナショナル・ギャラリーのすぐ近くにある「Café in the Crypt」。昔、セント・マーティン教会の埋葬室があったロケーションにあり、床には何百年前からの墓石が!バチ当たりな感じもしますが、おいしくチープな食事ができ、昔の死体はもうないそうです。

ボン・ヴォヤージュ!

【訳注:ビデオの原題は「1日15ドルで見るロンドン」ですが、出てくるものを足していくと現換算レートの15ドルではおそらく足りないので、15ポンドとしました。】

記事元:HuffPost Destinations

■その他のおすすめビデオ
誰もが驚いた! オリンピックに先駆け、ロンドンの街全体で究極のダンスパフォーマンス
行き過ぎのガガ様ファン!? 17歳の少女がスケスケ黒レースのドレスを卒業式で着て話題に
暑い日がちょっと涼しくなるかも? シロクマの子供が雪の中でじゃれ遊び!
これがいけたら真の食い道楽!? 勇気あるアメリカ人が食した「ペニス・フィッシュ」!
こわいもの知らずの子猫ちゃん、大きいドーベルマンに挑む!
本物みたいな人工クラゲ! ネズミの細胞で作ったロボクラゲ「メデューソイド」が泳ぐ姿

もっと見る
続きを読む