身長142cmの脅威!? 10歳、4年生の少女が最年少で全米女子アマチュアゴルフ選手権に!

日本の10歳ゴルファー、八木涼風(すずか)さんの前に強力なライバルが登場!? 米フロリダ州に住む小学4年生のラタナ・ストーン(Latanna Stone)さんが、来週行われる全米女子アマチュアゴルフ選手権の出場権を獲得しました。負けん気なプチサイズゴルファーのインタビュー、スイングはどんなものでしょうか。

"天才少女/少年"と言われるゴルファーの年齢が毎年下がっていくように思われる今日この頃。アメリカで、またとんでもない少女が現れました。フロリダの地域予選では、パー70のコースで2アンダーを叩き出し、他を抑えてUSGA全米女子アマ選手権への道を拓いたという強者です。

10歳で出場というのが前代未聞なのはもちろんですが(これまでの史上最年少記録は12歳)、身長の面でもコース上で一番小さいゴルファーとなるラタナさん。現在、身長142センチ(4 feet 8 inches)だそうです。

彼女がゴルフを始めたのは2歳のとき。ホウキの柄を短く切ったものでスイングの練習を始め、少しして子供用のプラスチックでできたクラブを買ってもらったものの、それでは物足りず、ほどなくして金属製のものをねだったとか。

同じ小学生のリポーターがしたインタビューに、「本当に、早くLPGA(プロ)に行きたいです。それで、勝ってトロフィーや賞金とか、そういうものを獲得したいです。」と応えたラタナさんは、すでに自身のウェブサイトとツイッターアカウントも持っています。(予選後、「みんな応援してくれてありがとう!」とつぶやいた時には、なんとあの殿堂入りLPGAプロ、アニカ・ソレンスタムからも「すごい、よくやった!」とツイートが返ってきました。)

さらに、「神様は私に、最高にすてきな素質を与えてくださいましたが、それを無駄にしたくありません。もっと年上の女子を負かしたい。(それには)毎日練習しなくちゃいけません。練習が(技術を)完璧にしていきますから」と語りました。

ジュニアレベルの大会では、すでに100勝以上挙げているというラタナさん。8月6日からオハイオ州クリーブランドで始まる大会で、どんなプレーを見せてくれるのか楽しみです。

【発言は大胆に聞こえますが、見ると微笑ましい、小学生同士で収録した<学校ニュース>インタビューはこちらでノーカット版を見られます。】

記事元:Morning RushScholastic News

■その他のおすすめビデオ
まだまだ終わらないぞっ! 7月のトホホ~な失敗集!
暑い日がちょっと涼しくなるかも? シロクマの子供が雪の中でじゃれ遊び!
キュートすぎ!米競泳チームが五輪準備中に作った「コール・ミー・メイビー」口パクビデオ
これが究極、ギネスの爆乳! 世界一大きい天然バストのサイズはZZZカップ
「安いロンドン」は可能です! 1日15ポンドで旅する 、とっておきの節約術!!
行き過ぎのガガ様ファン!? 17歳の少女がスケスケ黒レースのドレスを卒業式で着て話題に

もっと見る
続きを読む