キミはニュースを見なかったのか!? アスリート2人「つぶやき」五輪追放、遅すぎた謝罪

口から出してしまった言葉は戻せないもの。ツイッター(Twitter)も然りです。先週、ギリシャの女子三段跳び代表だったパラスケビ・パパフリストゥ選手が差別的ツイートのために除名された...というニュースがあったのに関わらず、今度はスイスのサッカー代表ミシェル・モルガネラ選手が相手チームを侮辱する「つぶやき」を!?

国際オリンピック委員会は10,800人いるオリンピック参加選手に対し、フェイスブック(Facebook)やツイッター(Twitter)などの ソーシャル・メディア・サイトを通してファンとやりとりすることを奨励したそうですが、思い描いていたのはこういうやりとりではなかったと思われます。

問題になったパラスケビ・パパフリストゥ選手のツイートはこんなものでした。
「ギリシャにアフリカ人が増えてるから...西ナイルの(ウィルスを運ぶ)蚊たちは、少なくともふるさとの食事にありつけるわね!!!」(ギリシャでは、アテネで1人西ナイルウィルスに感染して死亡したほか、5人の症例が見つかり問題になっていました。)

同じ時期に、現ギリシャ政権の移民受け入れ政策を批判した、極右党によるツイートもリツイート(※)したパパフリストゥ選手。一連のツイートに、同国のネットユーザーの批判が殺到し、「代表団から追放を」という声が高まりした。そこで英語で謝罪のツイートを発表したのが、当初のツイートから3日たった、先週の水曜日。

「私の個人的なツイッターアカウント上に投稿した、残念で悪趣味なジョークについて、心からお詫び申し上げます。私の発言がもたらした非難の声に関し、恥じるとともに深く反省しています。誰かの感情を害したり、人権を侵害するつもりはありませんでした...」(原文の続きツイートはこちら。)

しかしこの時点で謝って済むことではなかったらしく、ギリシャ五輪委員会は「オリンピックの精神に反したコメントで、彼女は代償を払う必要がある」とし、彼女を代表から外しました。パパフリストゥ選手は現在アテネにいるそうです。(オリンピック発祥の地にいるって皮肉...と思うのは筆者だけでしょうか。)

これだけなら、「1万人いるアスリートの中で、(残念ながら)1人そういう人がいた」となるのですが、今回飛び出したニュースは、「パパフリストゥさんと同じく、ツイッターって誰でも見られるって知りませんでした」というようなもの。

スイスの男子サッカー代表、ディフェンダーのミシェル・モルガネラ選手が、同じように侮辱的な発言をツイッター上でして五輪チームから追放されたのです。

スポーツの試合の最中・直後は得てして熱くなってしまうものですが、韓国チームに敗れたあと、思わず書いてしまったツイートがこちら。

多少特殊なフランス語と携帯メール用語を混ぜて書かれたもので、翻訳がやや困難なのですが、 韓国人は「焼け死ねばいい」、そして彼らのことを「モンゴロイド(黄色人種)の集まり」と呼び、とどめに「アハハーハハハ」と大笑い。(しかもリツイートされ、<Le Matin>紙に出てしまったのはとても残念。)

これを受けて30日、スイス五輪代表団のジャン・ジリ総監督は会見を行い、モルガネラ選手が「 韓国サッカーチームだけでなく、韓国人全体に対して差別、侮辱をし、尊厳を侵害した」として、彼を代表チームから外すと発表しました。

モルガネラ選手も、スイス五輪委員会を通して謝罪を発表。
「韓国の国民、選手の皆様に対し、そして同時にスイスの代表チーム、およびスイスサッカー界全体に対して、大変申し訳ないことをしました。罰を受けるのは当然だと考えます」。さらに、「残念な試合結果と(それに関する)韓国の態度のあとで、とてつもない過ちを犯しました」と付け加えました。

<試合中に韓国選手と接触したモルガネラ選手>

韓国チームはノーコメントでしたが、ジリ総監督は、モルガネラ選手のツイッターやフェイスブックアカウントに、試合のあと何か挑発的なメッセージが送られたらしいと明かしました。韓国チームの総監督に、事態を説明したいと連絡したそうですが、まだ実現していないとか。

「特に、韓国五輪委員会と韓国サッカー協会に対し、選手の(無礼な)行動に関して、深くおわびを申し上げたい」とジリ総監督は述べました。

パパフリストゥ選手とモルガネラ選手は、2人とも23歳。ツイッターのようなサービスに精通しているかと思われる世代なのですが...。不特定多数のユーザーに情報を発信するのに大変役立つ「つぶやき」が、プライバシー設定を変えない限り、世界中の誰からでも見られてしまうことを忘れていたようです。(それか逆に、面白いジョークを思いついたのでみんなに広めたいと思ったのでしょうか!?)

それぞれオリンピックにたどり着くまで、想像もつかない努力をしてきたであろう選手達。人を侮辱するような言葉が出てこないのが一番ですが、これを(今度こそ!)教訓に、3人目が出ないことを祈ります。

EuroNewsが報道したモルガネラ選手に関するニュース映像はこちらで見られます

※リツイート:他のユーザーの投稿を再投稿すること。

記事元:HuffPost Sports(1)HuffPost Sports(2)

■その他のおすすめビデオ
美女と車と...犬?  ジョージ・クルーニーの元カノが、体を張って教える夏の危険
女性スカイダイバー88人が空に咲かせた美しい花! 3度目の正直で驚異の世界記録更新
UFOも007を見に来た!?  五輪開会式の上空に現れた、古典的な空飛ぶ円盤!
身長142cmの脅威!? 10歳、4年生の少女が最年少で全米女子アマチュアゴルフ選手権に!
キュートすぎ!米競泳チームが五輪準備中に作った「コール・ミー・メイビー」口パクビデオ
これが究極、ギネスの爆乳! 世界一大きい天然バストのサイズはZZZカップ

もっと見る
続きを読む