【ロンドン五輪】ウィリアム王子と観戦するキャサリン妃のファッション

ロンドンオリンピックの隠れた楽しみといえば、キャサリン妃(とそのファッション)が少なくとも1日に1回は見られること。7月30日にはグリニッジ・パークにて、エリザベス女王の孫でウィリアム王子ハリー王子のいとこにあたるザラ・フィリップスさんを応援していた。

この日は2人の王子とともに、ザラさんが代表選手の1人として参加した馬術競技を観戦したキャサリン妃。妃とウィリアム王子は笑いあったり、それぞれのブレザーに赤とゴールドのバッジを付けたりして、イギリス代表チームを応援した。


キャサリン妃が着ていたのは、数日前と同じスマイス(Smythe)のネイビーブルーのジャケット。今回はそれにブルトン(Breton)のストライプのタンクトップを合わせていた。どうやら今週はかなり忙しいようで、その日の夜のレセプションでは昨年着ていたロクサンダ・イリンチック(Roksanda Ilincic)のドレスに再び腕を通していた

会場にはザラさんの母親アン王女も現れ、娘を応援。イギリス代表は銀メダルを獲得した。

同じ服を着ることが多いキャサリン妃(フォトギャラリー)

■関連リンク
オルセン姉妹、キャサリン妃の着まわし術...最新ファッション・ニュース
娘のファッションを参考に!? キャサリン妃&母キャロルさんの赤ドレス対決
オバマ大統領夫妻、ロイヤル・カップルと初対面

■関連フォトギャラリー

18 PHOTOS
ケイト・ミドルトンファッション特集
See Gallery
【ロンドン五輪】ウィリアム王子と観戦するキャサリン妃のファッション
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む