P!nk、ドラッグ中毒だった日々を告白

P!nkはウィスキーとタバコが好きを公言しているが、かつてドラッグを経験を告白したことが話題になっている。最新のインタビューでドラッグの過剰摂取についても経験があることを告白した。

P!nkは映画「Thanks for Sharing」にグウィネス・パルトローやマーク・ルファロと共に出演する予定で、セックス中毒者の役を演じる。何故その役を引き受けることにしたのかという質問に対し、「中毒は理解できるの。12歳から15歳までパーティばっかりの生活だったわ。クラブでエクスタシーやら色々やっていたのよ」と回答した。

またP!nkは10代でドラッグ漬けの日々から足を洗ったとし、「95年に過剰摂取で倒れたの。それ以来一度も手を出していないわ」と告白している。

■関連リンク
リリー・アレン完全復帰間近!? シークレットライブでP!nkとデュエット!
P!nkの愛娘、生後5ヶ月でレッド・カーペット・デビュー!
P!nk、グウィネス・パルトロウと共演


■関連フォトギャラリー
ママ・ミュージシャンの産後体型改造計画
7 PHOTOS
ママ・ミュージシャンの普通・妊娠・出産後 の体型
See Gallery
P!nk、ドラッグ中毒だった日々を告白
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む