これはスゴイ! 110人が何時間も窓を開閉して作った、特大「人間+ビルアニメーション」

今回はスイスから、11階建ての学生寮ビルと人間の腕力を頼りにして作った、珍しい「建築物アニメーション」の映像をご紹介します。
ビルの窓をピクセルに見立て、映像を投射して作るアニメーションはよく見かけますが、これはなんと全て人力で実際の窓を動かし作ったストップモーション・アニメーション(※)です。

ここは西スイスにある、Haute Ecole de Santé Vaud(HESAV/保健科学大学)。110人の学生、教職員、そして有志関係者のボランティアが部屋の中に待機して、窓とその外にあるシャッターを監督の指示に従い開け閉めしました。それをすること数時間、コマ撮り撮影し、できたのがこのビデオ「Animated Tower (HESAV comes alive!) 」(アニメになったタワー:HESAVが動き出す!)です。

「NOTsoNOISY」というスイスのアーティストが監督して実現したこのパフォーマンス、後半はメイキングも見られます。大変そうですが、参加したみなさんは楽しそう。腕があとで痛くなったかも知れませんが、出来上がった作品を見た時は、さぞかし満足感があったことでしょうね。


「Animated Tower」プロジェクトページ(プロジェクト説明、使ったパターン、メイキングの写真など)

※ストップモーション・アニメーション:静止している物体を1コマ毎に少しずつ動かしカメラで撮影し、あたかも連続して動いているかのように見せる映画の撮影技術、技法。アニメーションの一種。

記事元:notsonoisy.comYouTube

■その他のおすすめビデオ・記事
モールの見本カラオケで熱唱した「偶然の女の子」、世界中で感動を呼び米2大TV番組に!
「それは...馬?」とよく聞かれる、世界一背の高い犬! 立つと身長は2m以上!!
疲れているあなたへ... 心安らぐ、純粋に美しい広い空のタイムラプス
ビキニ美女モデルと掃除機...そのココロは? 吸引力を見せつける面白CM!
まんまる目がキュートすぎる!「綿ぼうしが3度の飯より好きなネコ」
【Autoblog】京商から、「Bburago(ブラゴ)」製1/18スケール・モデルカーを読者にプレゼント!!

もっと見る

最新の海外セレブ・映画・ドラマ情報、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから
続きを読む