突然降りて帰ってきたら靴なし!? 寒い朝、見た人のハートも温めたバス運転手の親切とは?

秋になり、朝はかなり冷え込むところも増えてきました。カナダ・マニトバ州もしかりですが、先日、見知らぬ人の朝を少しでも暖かいものにしようとしたバスの運転手さんがいました。
「こんな出来事、目の当たりにするのは初めてでした」とCBCニュースに語るのは、マニトバ州ウィニペグに住むデニース・キャンベル(Denise Campbell)さん。

18日の朝7時40分頃、ウィニペグでは、気温は5Cほどだったそうです。キャンベルさんはいつものように、24番バスに乗ってダウンタウンの職場に向かっていました。

ところがダウンタウンに入ってすぐ、バスが停留所ではない角で止まります。

何事かと顔を見合わせる乗客。ドアを開けた運転手は、「ちょっとそこのきみ!」と叫びバスを降りてしまいました。

「そして(そこにいた)若い男性に駆け寄っていったんです。けっこうあったかそうな服装をしてましたが...ホームレスという言葉を使うのは嫌いですが、困窮している感じの人でした。」とキャンベルさん。

「どうして彼と話してるのか最初わからなかったんですが、そこで突然、運転手さんが自分のはいてた靴を脱いだんです。」「それで下を見たら、(相手の)男性は、靴をはいていなかったんですよね。それに今朝は寒かった。」

バスに戻ってきた運転手は、靴をはいていませんでした。そして何事もなかったかのように、また運転を始めました。

思いがけないことにシーンとする車内。一人の乗客が、「すごく素晴らしいことをされましたね。どうしてあんなことを?」と聞くと彼は、「こんなに寒いときに、裸足で歩いてるのを見ていられなかったんで」と答えたそうです。

こうした話ではよく、「ヒーロー!」と騒ぎ立てられ後でテレビのインタビューがあったりするものですが、今回多くの乗客の目に涙を催させたこの運転手さんの場合、目立つつもりは全くないようです。

キャンベルさんは地域ニュースのサイトにこの話を書き込み、CBCニュースも彼を探そうとしましたが、バスを運営する市の交通局は、「称賛に値しますね、困っている方のお役に立てたなら良かったです」とコメントするのみで、当事者の名は明かしませんでした。

キャンベルさんはまた同じ時間のバスに乗って彼に、「あなたは素晴らしい」と伝えたいそうです。

記事元:HuffPost GNCBC News Manitoba

■その他のおすすめビデオ・記事
これはスゴイ! 110人が何時間も窓を開閉して作った、特大「人間+ビルアニメーション」
モールの見本カラオケで熱唱した「偶然の女の子」、世界中で感動を呼び米2大TV番組に!
「それは...馬?」とよく聞かれる、世界一背の高い犬! 立つと身長は2m以上!!
疲れているあなたへ... 心安らぐ、純粋に美しい広い空のタイムラプス
ビキニ美女モデルと掃除機...そのココロは? 吸引力を見せつける面白CM!
まんまる目がキュートすぎる!「綿ぼうしが3度の飯より好きなネコ」
【Autoblog】京商から、「Bburago(ブラゴ)」製1/18スケール・モデルカーを読者にプレゼント!!

もっと見る

最新の海外セレブ・映画・ドラマ情報、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから
続きを読む