現代美術家クレイグ・ウォルシュによるシュールな3D作品がシドニーのハイドパークに登場

現代美術家クレイグ・ウォルシュニよるシュールな3D作品がシドニーのハイドパークに登場した。芸術祭 "Art & AboutFestival" のためのインスタレーションで、公演の木々に3Dで政治活動家達の顔を映写すると言うもの。"Emergence"と言うタイトルが冠されている。



「私が興味あるのは、その場所、空間に埋もれている歴史や出来事を浮き彫りにすること。モニュメント、記念碑の影に隠れれてしまった、忘れられた歴史を表出させてやることなんだ」と言うウォルシュ。

今回の作品のロケーションとなったハイドパークはかつて政治運動の集会や演説の場として知られている。そこにある木々に当時の活動家達の表情が浮き上がらせるという作品の数々には、彼の一貫したスタイルがわかり易く現れている。

歴史ある空間を舞台に、歴史の中無視され忘れられてきた声を増幅させ、世界に向け発進すると言う作風は現代美術家Krzysztof Wodiczkoとも共通している。


木に映し出され、亡霊のように浮かび上がるもの憂げな表情に、多くの来場者の注目が集まった。

フォトギャラリーはコチラからどうぞ。
続きを読む