米大統領選:ロムニー氏の失言、TwitterのNo.1ネタ「女性がつまったバインダー」が歌に!

米国時間16日(日本時間17日)に行なわれた、オバマ米大統領と共和党のミット・ロムニー氏の大統領候補討論会。今回はオバマ大統領の勝ち、というのが大多数の意見ですが、ネットで一番注目を集めたのは、ロムニー氏の「女性が一杯つまったバインダー」発言でした。

このフレーズは、両候補が女性の機会均等について質問を受けていたとき、ロムニー氏から飛び出したもの。

マサチューセッツ州知事時代に、女性雇用にチャンスを与えたことをアピールしたかったロムニー氏。当時、優秀な女性を州幹部に任命するため女性団体に推薦を依頼したところ、諸団体が「女性がつまったバインダーを何冊も持って来た」("They brought us binders full of women")と発言してしまったのです。

「優秀な女性の履歴書がつまった...」とでも言えば良かったのですが、まるでエスコートサービスの女性カタログのような言い方をしてしまったため、あっと言うよりも早くTwitterのネタに。一時は、"binders full of women"が含まれるつぶやきが、毎分4万ツイートにも達しました。昨夜できた"Binders Full of Women"Facebookページには、半日で31万人以上のファンが集まっています。

Tumblrでも"Binders Full of Women"が大ブレイク>


さらに皮肉だったのは、討論会終了後、ロムニー氏が「女性団体に推薦を依頼した」というのは少し事実と異なっていると判明したこと。『Boston Phoenix』紙によると、これはマサチューセッツ州の超党派女性団体「MassGAP」が州知事選以前から計画を立てて実行した取り組みで、当選した州知事が誰であれ、推薦活動(バインダー提出)をすることは決まっていたそうです。さらにMassGAPによれば、ロムニー氏の州知事任期中、ハイレベルの女性幹部は27.6%減少したとか。

注目を集めまくり、「女性がつまったバインダー」アピールは、すっかり裏目に出てしまいました。

今回ご紹介するビデオは、「Song A Day(1日1曲)」プロジェクトとして、なんと過去1386日のあいだ毎日1曲歌を作っているというジョナサン・マン(Jonathan Mann)さんが、10月16日版として作ったもの。題はもちろん、「Binders Full of Women」です。この「女性バインダー事件」は、「オバマイス事件」と並び、今回の大統領選のネット語り草になることでしょう。

Binders Full of Women by Jonathan Mann

My dad is my hero (僕のヒーローはパパ)
And I have 5 sons (そして息子が5人)
And no women worked at Bain (ベイン(※)では女性は働いてなかった)

And I want to close
Planned Parenthood (家族計画クリニックは閉めたいし)
Cancer screening for women down the drain (女性のがん検診はカットしたい)

But when I was gov (でも 僕が州知事だった時)
I found some love (いくらか[女性に対する]愛に目覚め)
I said bring me women please (女性を連れて来い と言ったのさ)

And my staff oh bless (そして僕のスタッフは いい奴らで)
They acquiesced (渋々 従った)
As evidenced by these (その成果がこちら)

Binders full of women (女性がつまったバインダー)
Binders full of women (繰り返しコーラス)
Binders full of women
Oh yeah

Binders full of women (女性がつまったバインダー)
I got em right where I want em (僕がコントロールしてる所に[女性は]いる)
There's a joke about how I'm mormon (僕がモルモン教徒(※※)だってジョークもあるね)
Oh yeah

※ベインキャピタルは米国ボストンに拠点を置く、世界的なプライベート・エクイティ・ファンド。ロムニー氏は創業者の一人。

※※モルモン教では一般的に、女性の役割は家庭にあり、夫の「有徳な助言」に従うこととされている。男女は平等であるが別々の役割があるとし、男性は神権を持っているが女性は持たず、男性が家庭を統括する家長の役割を担う。

<ロムニー氏、「女性がつまったバインダー」を語る>


記事元:HuffPost ComedyYouTubeHuffPost PoliticsBoston Phoenix

■大統領選、他にもこんなクレイジーなことがありました
選挙直前のNo.1ビデオはこれ! 江南...じゃなくて、お金持ち「ミット・ロムニー・スタイル」!?
オバマvsロムニー討論会がつまらない時は、ミュージカルにしてしまえ!?
ロムニーに投票しゾンビ社会の実現を!『アベンジャーズ』監督が面白CMで共和党を"逆"推薦!? - Fabloid[ファブロイド]
非公開の悪口がリークしたロムニー候補に、ウーピー・ゴールドバーグがTwitterで猛反撃! - Fabloid[ファブロイド]
C・イーストウッドが共和党大会でフシギ演説、Twitterのネタに...オバマ大統領も反撃!? - Fabloid[ファブロイド]

■その他のおすすめビデオ・記事
【米大統領選コネタ】オバマvsロムニー討論会、2度目の対決にセレブもツイート全開!- Fabloid[ファブロイド]
子ネコ vs ガラスびん! オモチャを取りたい...けれどハマって困ったことに!
約39キロの成層圏から音速破りのスカイダイビングに成功! 史上最高命がけダイブの瞬間
これがISSに到着した民間宇宙船ドラゴンの中身! クルーが一番先に飛びついた物資とは?
美の追求、それとも拷問!? アバンギャルド過ぎてまともに歩けない「逆ハイヒール」
【字幕付き】自殺したカナダの少女がYouTubeで告白した、逃げられないSNSのいじめ

もっと見る

最新の海外セレブ・映画・ドラマ情報、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから
続きを読む