米大統領選:オバマvsロムニー討論会がつまらない時は、ミュージカルにしてしまえ!?

4年に1回あるオリンピックかスーパーボウルでも見るように、大統領選もついつい「観戦」してしまう米国民。初回の候補討論会は、オバマ大統領が眠っているかのようで覇気がなくつまらなかった...というのが通論でした。そこで討論会を全部音楽にしてしまったグループがいたのですが、22日に行なわれた討論会も、「つまらない」と判断されたようで...。


大統領選も投票日まで2週間足らず、いよいよ大詰め!です。

先日行なわれた第2回目の討論会の後は、共和党候補のロムニー氏がユニークな失言をしてくれたおかげ(?)で楽しいビデオが出回りましたが、最終回、フロリダ州で行なわれた外交政策に関する討論会の後は、あまり大きな発見(失態)はなく、コメディー映像分野も静かな日でした。(「オバマ大統領がやや優勢」というのは風刺のネタにはなりません。)

ハイライトを強いて言えば...ロムニー氏が海軍(の船舶数)が1917年以来最小のサイズになっている、と発言したのに対し、オバマ大統領が「1916年に比べて馬や銃剣も減っているが、軍隊の性格は変わってきており、戦艦ゲームではないのだから、大切なのは船舶の数ではなく軍の能力だ」と返し、「馬や銃剣(horses and bayonets)」と言ったのが古典的でいかにもロムニー氏を侮辱していて面白かったので、一時6万回/分ツイートされたことでしょうか。

「馬と銃剣」Facebookページが作られたり、Tumblrでも一瞬はやりましたが、「女性がつまったバインダー」のようにはいきませんでした。

<図解:馬と銃剣で闘うロムニー氏とオバマ大統領>


しかし!何も特に揚げ足をとることがない所からもコメディーを創り上げなければ、アメリカ人のフロンティア精神がすたります。そこで出てきた解決策が、オートチューンと呼ばれる音程補正用ソフトと、それを使ってビデオを作る時間・先見があった、"The Gregory Brothers"という兄弟。あまり面白くなかった討論会でも、あっと言う間(...一晩はかかったようですが)に、ちょっと聞ける(ヒップホップ?)ミュージカルに!

新しい造語でこのプロセスを、"songified"(ソンギファイド/動詞は"songify")と呼びます。討論会後のグレゴリー兄弟の徹夜の成果を、どうぞお楽しみください。

<初回の「眠かった」討論会も、"Songified"されるとこんなに楽しく!>


<こちらはもう少し真面目...ですが、オバマ氏が「馬と銃剣」発言をした現場>


記事元:YouTube(schmoyoho)HuffPost PoliticsHuffPost Comedy

■その他のおすすめビデオ
米大統領選:ロムニー氏の失言、TwitterのNo.1ネタ「女性がつまったバインダー」が歌に!
一生懸命でかわいい!マシュマロが大大大好きなキツネが、もらってとった意外な行動とは?
朝から心臓に悪いエレベーター!? ある商品の優秀さを見せる、乗ると床が落ちるドッキリCM
自分の可能性を信じてジャンプ! チャレンジ精神あり過ぎのぶきっちょネコが集結!
あることをするたびに女の子にビンタしてもらい、仕事力を驚異的に上げた男性!?
スヤスヤと眠るハリネズミを指でなでなですると...?

もっと見る

最新の海外セレブ・映画・ドラマ情報、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから
続きを読む