シンガポールの空港に現れた神秘的な銅色の雨【動画】

ベルリンのメディア・デザイナー・グループ "ART+COM" による作品「Kinetic Rain」が、シンガポール・チャンギ国際空港に登場し、訪れる人々の視線を奪っている。



アルミに銅をコーティングした1,216もの金属の雨粒が、コンピューター制御により様々なパターンを一瞬にして描き出すというこの作品。空港の一角に現れた美しく不可思議な景色、まるで雨粒がダンスしているかのような優雅な動きが通りがかる人々を立ち止まらせているのだ。


アート情報サイト<The Creator's Project>によれば、同作品は空港というせわしない空間の中で少しでも人々の気持ちを和らげたい、と願いから製作されたものであるとのこと。

世界でも有数の規模のキネティック・アート(動く芸術作品)であるこの「Kinetic Rain」は、このためだけにシンガポールを訪れても良いと思わせるほど魅惑的なアート作品である。下記の映像にてチェックしてほしい。



関連映像:北京のアイス・フェスティバル


■関連リンク
オランダ人女性アーティストによる摩訶不思議シャボン・アート「Solace」の幻想的な色彩
続きを読む