ポール・マッカートニー、ビートルズ解散の理由はオノ・ヨーコのせいではないと明言

故ジョン・レノンの妻であり、現在もアーティスト活動を続けているオノ・ヨーコ。彼女は長年に渡り、ビートルズ解散の原因ではないかと非難されてきた存在であるが、ポール・マッカートニーが今回これを否定する発言をした。



ポールは来月放映される英国のテレビ番組内で、「ヨーコが解散させた訳じゃないんだ。(あの当時)既にバンドは解散に向かっていた」とコメント。

また、彼はヨーコが常にバンドと行動を共にしていたことは確かで、難しい問題であったと認めたものの、ジョン・レノンの成功には彼女が多大な貢献をしたとし、「(イマジンのような楽曲は)彼女がいなければ作れていなかっただろう」と発言している。ジョンが生きていたら今年で72歳。オノ・ヨーコは先月その誕生日を祝って夫の絵画を展示するエキシビションを開催している。

関連映像

■関連リンク
ジョン・レノン没後31年、オノ・ヨーコが現在の心境語る
オノ・ヨーコ、ジョン・レノン72歳の誕生日に絵画展示会を開催!
デイヴ・グロールのビートルズ愛「彼らがいなかったらミュージシャンになっていなかった」

■関連フォトギャラリー

8 PHOTOS
ビートルズのレアショット
See Gallery
ポール・マッカートニー、ビートルズ解散の理由はオノ・ヨーコのせいではないと明言
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む