圧巻! 珍しい真っ白なクジラが、オーストラリアから南極へ里帰りする姿をキャッチ!

オーストラリアのゴールドコースト付近で、非常にまれなアルビノ(メラニン色素がない)のザトウクジラが南下している様子がビデオにとらえられました。


白い鳩や白いヘビなど、真っ白な動物というと縁起が良いのでは?なんて思ってしまいますが、この映像に登場するのはなんと大きな白クジラです。標準的なザトウクジラは12〜16m、体重30トンほどと言われますが、それが白いとまた迫力ですね。

このクジラは知られている個体で、名前を「ミガルー(Migaloo)」といい、アボリジニの言葉で「白いやつ(White Fella)」という意味だそうです。(残念ながら「身軽ー」ではありません。)

ミガルーとその仲間は毎年、南半球が冬の間はオーストラリア付近に北上して越冬し、9月~11月頃になるとクイーンズランドから南極の海域に戻るそうですが、その瞬間をオーストラリアのニュースヘリコプターがとらえたとか。オーストラリアでこの時期ホエール・ウオッチング(鯨観察)に参加する人は少なくありませんが、白いクジラを見ることは可能性的にほとんどないと言っていいでしょう。

ミガルーが一番最初にオーストラリア沖で確認されたのは1991年のことで、その時はまだ群れの中の子クジラでした。去年やっと、オーストラリアのサザンクロス大学にあるクジラ研究センターにより、DNAサンプルから公式にオスだと確認されました。

何千頭ものクジラが東オーストラリア沖を通って大移動する中で、ひときわ目立つミガルー。来年も、元気な姿が見られるといいですね。

記事元:HuffPost/5minSouthern Cross University Whale Research Centre

■その他のおすすめビデオ
選挙直前のNo.1ビデオはこれ! 江南...じゃなくて、お金持ち「ミット・ロムニー・スタイル」!?
お母さんを亡くしたハリネズミの赤ちゃん4匹、まとめて引き受けた母ネコの愛!
ダース・ベイダーが新しい本拠地を視察!? 究極の悪役がディズニーランドで過ごした1日
張り切って毛づくろいする女の子に対して犬の複雑な心境が分かる映像
「ネコは芸をしない」というのは嘘!? 平行棒あり、玉乗りありのびっくり猫サーカス!
ボーイング777が「ホビット仕様」に!? エルフCAがデモしてくれる機内安全ビデオ!

もっと見る

最新の海外セレブ・映画・ドラマ情報、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから
続きを読む