高速頭上のアダルトな看板を竹のミニガーデンに!? 思わぬ場所の景観改善ベンチャー

アメリカのハイウェイで車を走らせていると、大きく派手なビルボード(看板広告)が次々に道路の脇に出て来て目を奪います。これは特に大都会の"景観"の一部ですが、目立つのが第一で美的考慮も何もあったもんじゃない、というものがほとんど。それを思いもよらないものに変えようとするアーティストがいました。


特に商業的な(=趣味があまりよろしくない)ビルボードが多いことで知られるのは、ロサンゼルスやラスベガス。最近、あまりに露骨なので話題になったこちらの看板などはその最たるものですが典型的です。「ママ(タイプ)とやるのが好きなあなたに...クーガー()・ライフ.com」と書かれたアラフォー美熟女(?)出会い系サイトの看板には、「Mother F○○kers」と過激な卑語にかけたシャレが入っており、小さい子供に見せられる代物ではありません。また他にも多いのは、ストリップクラブやカジノなどの広告だったりします。

<LAにありがち...? "Cougar Life"のリスキーなビルボード>


ロス在住のインスタレーション・アーティスト、スティーブン・グラスマン(Stephen Glassman)さんは、1994年に起きたノースリッジ地震の後、崩壊したフリーウェイの横にズラッとこんな商業的なビルボードが残り建ち続けているのを見て、初めてビルボード広告のことを考え始めたそうです。そして竹を素材にする彼のアートをもって、ビルボードを美しく、環境に優しいものにするプロジェクトを考えました。

名付けて「Urban Air(アーバン・エアー/都会の空気;「都会の雰囲気」という意味もある言葉の遊び)」。ビルボードの"雰囲気"とこの都市の"空気"も変えよう、という思いがこめられたタイトルですが、看板のあったスペースを、生きている竹のミニガーデンに変えようというアイデアです。

竹はご存知の通り成長が早く、樹木よりも高い密度で生息できるため、二酸化炭素の吸収率も飛び抜けています。それがエコであることはもちろんですが、さらに「Urban Air」ミニガーデンはWiFiセンサーを装備し、気温や大気質などの気象データを収集・伝達する気候/大気監視ステーションになるとか。水やりは、噴霧器で自動的に行なわれるそうです。

都会のどぎついビルボードの海に、ポツポツと現れる生きた緑の看板...渋滞で毎日キリキリするのが日常のアンジェリーノ(ロス市民)の目に、この予期せぬグリーンスペースはどう映るでしょうか。

「私の目標は、都会の空の背景に風穴を開け、渋滞に閉じ込められギュウギュウ圧迫された人達がふと見上げた時に、オープンスペースと新鮮な空気が見えるようにすることです。そこでひと息をつき、自分が人間だと感じられるように」とグラスマンさんは上のビデオで話しています。

<スケールモデルを作成するグラスマンさん>


「ロスの一番混むフリーウェイ上で、今は商業広告のためにしか使われていないスペースを、この都市に貢献するものに変える」というこのプロジェクト。今グラスマンさんは寄付された看板スペースでフルスケールのプロトタイプを作成中ですが、彼が思い描くのは一都市に限らず、世界中どこでも実現できるコンセプトです。そこでロスや他の都市でもっとこのコンセプトを効果的に広められるよう、製作キットを開発するための一般寄付を募っています。

Kickstarter.comはクリエイティブなアイデアがある起業家やアーティスト、インディーズのゲーム開発者や映画製作者など、多岐にわたり(VCからでなく)一般から寄付を集めることに成功している投資/寄付ソーシングサイトですが、Kickstarter上のキャンペーンで、現在330人の"支持者(backer)"から1万9000ドルが集まっています。(目標はあと約1か月で合計10万ドル。)

このプロジェクトで2011年度にはロンドン・インターナショナル・クリエイティビティ・アワードに入賞しているグラスマンさんは、1990年代に起きたロス暴動ノースリッジ地震などの後に、被害で荒廃したエリアに竹を使った美しいインスタレーションを始めたことで知られるようになりました。

※クーガー:定義には諸説あるが主に、年下男性を好むアラフォー以上の肉食系女子を「クーガー女」と呼ぶことが多い。ハリウッドではジェニファー・アニストン、デミ・ムーア、ハル・ベリーなどがこの名で呼ばれたことがあり、今ではキャメロン・ディアスもこの部類に入る。

TOPに戻る

記事元:HuffPost GNHuffPost LAVimeoKickstarter.com

■その他のおすすめビデオ
ベネチアの「アクア・アルタ」! 水浸しになった街の生活風景
思わずほっこりしてしまう...飼い主のギターの音色になごむ子犬
圧巻! 珍しい真っ白なクジラが、オーストラリアから南極へ里帰りする姿をキャッチ!
選挙直前のNo.1ビデオはこれ! 江南...じゃなくて、お金持ち「ミット・ロムニー・スタイル」!?
お母さんを亡くしたハリネズミの赤ちゃん4匹、まとめて引き受けた母ネコの愛!
ダース・ベイダーが新しい本拠地を視察!? 究極の悪役がディズニーランドで過ごした1日

もっと見る

最新の海外セレブ・映画・ドラマ情報、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから
続きを読む