【最新映画ニュース2】ディズニー&ルーカスフィルムの展望

<Fabloid>が厳選した、映画関連のニュースをお届けします!


今後は年に2、3本をリリース?
ディズニーがルーカスフィルムを買収したというニュースから早2週間。買収と同時に、『スター・ウォーズ(Star Wars、SW)』第7作、そして8作、9作の製作・公開も報じられていたのだが、どうやらディズニーとルーカスフィルムが計画しているのはそれだけではないようだ。

ルーカスフィルムの設立者ジョージ・ルーカスの後任で、現社長のキャスリーン・ケネディは『Entertainment Weekly』誌とのインタビューで、ディズニーのルーカスフィルムにおける壮大な計画を明かしている。現時点(11月15日)ではそのごく一部しかわかっていないが、どうやら『SW』三部作だけでなく、年に2、3本は映画をリリースしたいと考えているそうだ。

一方、『SW』第7作の公開予定は2015年。先日は脚本家が決まり、気になる監督候補は"2、3人"に絞られているという。

『SW』第7弾の脚本家が決定
ドロシーのドレスがオークションに!
映画『オズの魔法使』(1939年)でジュディ・ガーランドが着ていた青のギンガムチェックのドレスがオークションに出品され、48万ドル(約3,900万円)の高額で落札された。これはここ2日間で行なわれたハリウッド関連のオークションでは最高額となる。

このほか、『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年)でジュリー・アンドリュースが着たドレスには3万8,400ドル(約312万円)が、そしてマリリン・モンローが『帰らざる河』(1954年)で履いた紫色のスカートには5万ドル(約405万円)の値がついている。

ドロシー関連では、ルビー色の靴が2011年のオークションで200万ドル(約1億6,200万円)もの高額で落札されている。

『オズの魔法使』の衣装がオークションに
■関連リンク
『スター・ウォーズ』第7作、監督にふさわしいのは誰?
レディー・ガガ、マドンナ、ジャーニー...『glee』のベスト・ソング
サム・ライミ監督『オズ:ザ・グレート・アンド・パワフル』予告編をコミコンで初披露

■関連フォトギャラリー

11 PHOTOS
死後も大金を稼ぎ出すセレブたち
See Gallery
【最新映画ニュース2】ディズニー&ルーカスフィルムの展望
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む