2か月以上ずっと眠り続けてしまった!? 奇病「眠り姫病」にかかった17歳の少女

現代生活の問題としてよく挙げられるのは寝不足ですが、それと正反対が問題になる場合もあります。眠くて眠くて、1日に数時間しか起きていられない...そしてその状態が何週間、時には何か月も続く、珍しい「眠り姫病」の異名をとる病気を患う少女がトーク番組に出演し、話題になっています。


「眠り姫」と言っても、おとぎ話ではありません。ニコール・デリエン(Nicole Delien)さんは、眠ることに疲れています。

彼女はアメリカ・ペンシルベニア州に住む、17歳の高校生。見た目はごく普通で健康そうですが、「眠り姫病(Sleeping Beauty Syndrome)」と呼ばれることもある、クライン・レビン症候群(Kleine-Levin Syndrome/KLS)という病気を患っており、その症状が現れると圧倒的な睡魔におそわれ1日に18〜19時間眠ってしまいます。起きるのは、食事とトイレの為のみです。

そして数時間のあいだ起きている時は夢遊病者のようで、何かを食べるというような、基本的な行動さえよく覚えていないそうです。それは幼い子供のような、会話もおぼつかないゾンビのような状態。この短い夢遊状態と、とてつもなく長い眠りの繰り返しがニコールさんの場合、64日間も続いたことがありました。

<64日間眠りホリデーを逃した際のビデオから>
その時は感謝祭(11月末)やクリスマスなど、年末のホリデー・シーズンを全て寝過ごしてしまい、1月に家族とあらためてプレゼントを開けたそうです。

ビデオに出演しているアーマンド・ドリアン(Armand Dorian)医師は、「KLSは神経障害で、患者を冬眠しているような状態に陥れ、瞬間的に起きる時には混乱、過食症、異常性欲など、異常行動を引き起こすことも少なくありません」と説明しています。

「彼女がこの病気に慣れた、ということはありません」とニコ―ルさんの母親、ヴィッキーさんは地元ニュースサイト<ChartiersValleyPatch.com>に語っています。「17歳になって、(病気のことを)非常に悲しんでいます。 いろいろなことを経験しそこねましたから。」

父親のハリーさんはビデオの中で、「彼女が起きると、眠った間に何があったかは何も覚えていないので、眠り始めた時点から説明しなければいけません。」と言います。

発病者自体が稀で、報告されている症例が1,000件ほどしかないため、正しい診断にたどり着くのに3〜4年かかることも。ニコールさんの場合は6歳半の時に発病して、多くの病院で誤診され、2年かけてやっとクライン・レビン症候群と診断されました。

さまざまなウィルス、てんかん、西ナイル脳炎、双極性障害などが疑われ、「彼女は注意を引きたくて演技している」という診断をした医師までいたそうです。

そんなもどかしい経験のあと、病気の知名度を高め、同じような思いをする人が誤診されないようにとテレビ出演を決めたニコールさん。今のところ原因や治療法は確立されていませんが、彼女の場合はてんかんやナルコレプシーの治療に使われる薬を組み合わせて服用し、症状の発現を1年2回ほどに抑えているとのことでした。

記事元:HuffPost WNChartiersValleyPatch.comKDKA CBS Pittsburgh

■その他のおすすめビデオ
すべて独学!? ゴミから電気を作った16歳のエンジニア少年がMITの客員講師に!
びっくりして豪快にひっくり返る赤ちゃんレッサーパンダ!
見るとこの国のイメージが変わる!? 車載カメラが偶然とらえた事故...ではなく親切コレクション
赤ちゃんゾウがビーチで大はしゃぎ!! その意外な理由とは?
「ターミネーター・アーム」!? 筋肉の動き1つで、銃の引き金も引ける最先端バイオニック義手
床ズルズル〜、モップ状態コーギー

もっと見る

最新の海外セレブ・映画・ドラマ情報、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから
続きを読む