座れる風船のイス、風船の暖炉...前代未聞、2,600個の風船で作った夢のある部屋!

バルーンアートはたびたび生活の中で目にするものですが、それは結婚式やパーティの飾りつけだったり、子供を楽しませるためのプードルを作るものが一般的かと思われます。ですが、世の中にはそのバルーンアートで家という空間を作りあげてしまった人物がいました。

今回Yahoo!映像トピックスで紹介されているこの映像は、アメリカのバルーンアーティストが40時間かけて「ロード・オブ・ザ・リング」の主人公フロドの家を再現したとのことです。使用した風船の数はなんと2,600個。

こうして原作に対して忠実に作りあげたのも凄いことなのですが、なにより驚くべきことは、このアーティストの男性の集中力といったところでしょうか。風船は時間がたつにつれて空気が抜けて縮んでしまうので、一気に作りあげなければいけません。40時間ということは(詰めると)約2日ですから、並大抵のことでは作ることはできないと思われます。

原作者のトールキンが生きていたら、どういう感想を言うのか気になりますね。

記事元:Yahoo!映像トピックス

■その他のおすすめビデオ
【Yahoo!映像トピックス】ホビット仕様の機内安全ビデオが話題に
【Yahoo!映像トピックス】ゾンビvs.老人、史上最低速の戦い?
【Yahoo!映像トピックス】食欲が全く湧かないグミ、その形は...
【IRORIO】 2,600個の風船を使い、40時間かけて完成させたバルーンアートだらけの部屋が夢の世界みたいだと話題に!!

2か月以上ずっと眠り続けてしまった!? 奇病「眠り姫病」にかかった17歳の少女

すべて独学!? ゴミから電気を作った16歳のエンジニア少年がMITの客員講師に!
びっくりして豪快にひっくり返る赤ちゃんレッサーパンダ!
見るとこの国のイメージが変わる!? 車載カメラが偶然とらえた事故...ではなく親切コレクション
赤ちゃんゾウがビーチで大はしゃぎ!! その意外な理由とは?

もっと見る

最新の海外セレブ・映画・ドラマ情報、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから
続きを読む