【ホットリスト】ヒット曲の盗作問題 訴訟になったものから微妙に揉めた10ケース

ジョージ・ハリスンはかつて、「ポップミュージックの99%は何か別の音楽を想起させる」と発言したが、時に似すぎていることがある。音楽界の盗作問題は、あからさまな流用や、強欲なマネージャーによる指示、そして偶然の産物と様々なパターンがあるが、代表的なものを以下に集めてみた。


ジョージ・ハリスン「マイ・スウィート・ロード

盗作対象:シフォンズ「He's So Fine

ハリスンの曲がシフォンズの曲に酷似していると訴えられ、ハリスン側が敗訴。約1,600万ドルの支払いが命じられ、その後ハリスン側がシフォンズの楽曲の権利を買い取った。この問題は1998年まで続いた。


ザ・ヴァーブ:「ビター・スウィート・シンフォニー

盗作対象:ローリング・ストーンズ「ラスト・タイム」(アンドリュー・オールダム編曲バージョン)

ザ・ヴァーブはサンプリングの許可を取っていたが、ローリング・ストーンズ側が「サンプルを使いすぎている」として訴えた。またザ・ヴァーブの歌詞は100%オリジナルだったが、最終的に印税収入は全てストーンズ側に入ることになった。キース・リチャーズは、「ザ・ヴァーブが俺たちより良い曲をかけたら、金はくれてやる」とコメントしている。


ヴァニラ・アイス「アイス・アイス・ベイビー

盗作対象:クイーン&デイヴィッド・ボウイ「アンダー・プレッシャー

クイーンとボウイの生んだベースラインとピアノのフレーズを流用しているこの曲は、彼らのクレジット表記が全くされなかったために訴訟対象となったが、ヴァニラ・アイス側は「音をひとつ加えている」と反論。しかし結果的にヒットしたためヴァニラ・アイス側に支払い義務が発生し、クイーンとボウイもクレジット表記されることになった。


レッド・ツェッペリン「ブリング・イット・オン・ホーム」、「レモン・ソング」、「胸いっぱいの愛を」

盗作対象:ソニー・ボーイ・ウィリアムソン「ブリング・イット・オン・ホーム」、ハウリン・ウルフ「キリング・フロア」、ウィリー・ディクソン「ユー・ニード・ラブ」

レッド・ツェッペリンが歌詞を無断で流用したため、敗訴。全てのバンドに印税が支払われ、正式にクレジット表記されることになった。


オアシス「ホワットエヴァー」、「シェイカーメイカー」、「ステップ・アウト

盗作対象:ニール・イネス「ハウ・スウィート・トゥ・ビー・アン・イディオット」、ザ・ニュー・シーカーズ「アイド・ライク・トゥ・ティーチ・ザ・ワールド・トゥ・シング」、スティービー・ワンダー「アップタイト

最初の2曲はクレジット表記をしなかったために訴えられた。「ステップ・アウト」は元々アルバム『モーニング・グローリー』に収録される予定だったが、スティービー側が印税の10%を渡すように求めてきたために収録が見送られ、スティービーがクレジット表記された上で「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」のB面として発表された。


ジョン・フォガティ「オールド・マン・ダウン・ザ・ロード

盗作対象:クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル「ラン・スルー・ザ・ジャングル

フォガティは独立するためにクリーデンス・クリアウォーター・リバイバル用に書いた曲の権利をレコード会社に譲渡したが、独立後にこの曲を発表したところ、元所属先のレコード会社からCCRの曲に似ていると告訴された。しかし最終的にフォガティ側が全面勝利を収めている。


ローリング・ストーンズ「エニバディ・シーン・マイ・ベイビー?

盗作対象:K.D.ラング「コンスタント・クレヴィング

1992年のK.D.ラングのヒット曲に酷似しているという指摘を受け、バンド側は訴訟を起こされる前にラング、そしてラングの共同作曲者ベン・ミンクのクレジット表記を加えている。


コールドプレイ「美しき生命

盗作対象:ジョー・サトリアーニ「イフ・アイ・クゥド・フライ

ジョー・サトリアーニ側がコールドプレイに対しメロディが似ていると訴訟を起こしたが、最終的に告訴を取り下げた。理由などについては明らかにされていない。


レディ・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ

盗作対象:マドンナ「エクスプレス・ユアセルフ

マドンナからの影響が色濃いレディ・ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」はマドンナの盗作ではないかと周囲を驚かせたが、これを受けてマドンナは「ものまねは愛情の最上表現」と発言。またレディ・ガガはマドンナからの共演オファーを断るなど、両者の緊張した関係が続いている。


アッシャー&ウィル・アイ・アム「OMG

盗作対象:『ザ・シンプソンズ』楽曲群

アッシャーの歌が、ホーマー・シンプソンズが歌に酷似していると言われている。確かに「Honey got a booty like pow, pow, pow / Honey got some boobies like wow, oh wow」というフレーズが、ザ・シンプソンズの「Christmas in December, wow wow wow / Give me tons of presents, now now now」と似ているような気がする。
⇒ご購入はこちらから

■関連リンク
ニッキー、ブラック・アイド・ピーズ...最悪の歌詞ワースト10
アバ、ヴァン・ヘイレン、スティング...政治家に楽曲使用を禁じたアーティスト

ビョーク、トム・ウェイツ、ハウリン・ウルフ...ゾッとする歌声の持ち主10人

カート、ジャニス、ジミヘン、エイミー...27歳でこの世を去ったアーティスト

ジェームズ・ブラウン、ヴィンス・ニール...犯罪歴のあるミュージシャン10人

■関連フォトギャラリー
10 PHOTOS
犯罪歴のあるミュージシャン
See Gallery
【ホットリスト】ヒット曲の盗作問題 訴訟になったものから微妙に揉めた10ケース
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む