『96時間/リベンジ』娘役マギー・グレイス、好きなシーンは手りゅう弾

全米で初登場1位、9週連続トップテン入りという大ヒットを記録し、日本でも幅広い観客層を熱狂させた2008年公開のアクション映画『96時間』。その続編『96時間/リベンジ』が1月11日(金)ついに日本公開となる。

前作で娘キムを命がけで救い家族への愛を証明した主人公ブライアンは、元妻と娘を異国の地・イスタンブールに招き、家族の絆を取り戻そうとする。しかし、因縁のマフィアのボスが恐ろしい復讐<リベンジ>を計画。はたして彼は、いかなるスキルを駆使して、前作をはるかに凌駕するミッションに挑むのか...。



前作に引き続き、娘キム役を演じる人気女優マギー・グレイス。今作では、囚われた母を救うため、敢えて自らも囚われの身となった父の巧妙な遠隔指示を受け、行動を起こす。迷宮の街・イスタンブールでアクションシーンにも挑んだ彼女に、インタビューを行った。グランドバザール(イスタンブール)の屋根でのシーンが印象的でした。

撮影の準備中に初めて屋根の上を歩いた時は感激したわ。このすばらしい街の裏側を見ることを許されたわけだもの。火事で焼失しては何度も再建された歴史上の建物の上に立てるなんてすごいわ。長い歴史の中でたくさんの人が歩いた場所だから、階段の一部は15センチもすり減っているのよ。そんな由緒ある場所での撮影が許されるなんて本当にすごいことよね。グランドバザールの屋根の上での追跡シーンは、見応えがあるわ。

リーアム・ニーソンとの共演はいかがでしたか?

とてもいい人で一緒に仕事をしやすいし、すごく話しやすい人だったわ。前からずっとファンだったから、こんなふうに共演できてうれしいわ。変なユーモア感覚もあって私とちょっと似ているかも。基本的に穏やかな口調で話す人なんだけど、その調子のまま突然おかしなジョークを言うのよ。みんなびっくりすると思うわ。でも、そういうのって人生において大事だと思うの、特に撮影現場ではね。前作が成功したのはリーアムによるところが大きいと思う。彼は皆が共感したくなる何かを持っているのよ。

カーチェイスのシーンはすごい迫力でしたね。

こういうカーチェイスは初めてだったけど、すごくカッコいいの!監督が現場で細かく指示を出してくれたわ。実際はプロのドライバーたちが運転していて、私が運転しているように見せているんだけど、とにかくすごいのよ。俳優の代わりに カメラを載せて撮ったりもしていたわ。監督が助手席の外にイスを取り付けて撮ったりもね。運転席側に付けることもあったわ。映像を見ていると自分が車に乗ってるような気分になれるわよ。

最後に、あなたの好きなシーンを教えてください。

台本を最初に読んだ時から気に入っているシーンがあるの。びっくりする話だけど、ブライアンはキムが投げた手榴弾の音で自分の居場所を探り当てるの。音が届くまでの時間と自分の持ってる情報を総合して三角測量で導くのよ。すばらしいシーンだったわ。




オフィシャルサイト / twitter  / Facebook

96時間/リベンジ(原題:TAKEN 2)
ストーリー: 全米で大ヒットを巻き起こしたアクションサスペンス「96時間」の続編。元CIA工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)は、元妻と娘をイスタンブールに 呼び一緒にバカンスを過ごそうとしたが、かつて彼に息子や部下を殺された犯罪組織のボスが、復讐のため一家を襲撃。ブライアンと元妻は組織に捕まり、何と か逃げた娘にも命の危険が...
監督: オリビエ・メガトン
キャスト:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス 他
上映時間: 92分 2012年/アメリカ
1月11日(金) TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国ロードショー

9 PHOTOS
映画『96時間/リベンジ』 マギー・グレイス 場面集
See Gallery
『96時間/リベンジ』娘役マギー・グレイス、好きなシーンは手りゅう弾
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る


■関連リンク
俺の家族に近づくなっ!『96時間/リベンジ』激アツ親父が再び敵をなぎ倒す!!
『96時間』続編、モンティ・パイソンのアノ人による爆笑ムービー...最新映画ニュース
リヴァー・フェニックスの遺作、『96時間』シリーズ第3弾...最新映画ニュース1

■関連フォトギャラリー
7 PHOTOS
映画『96時間/リベンジ』
See Gallery
『96時間/リベンジ』娘役マギー・グレイス、好きなシーンは手りゅう弾
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る

11 PHOTOS
目の錯覚ってフシギ!飛び出す3Dアート作品
See Gallery
『96時間/リベンジ』娘役マギー・グレイス、好きなシーンは手りゅう弾

Commuters step around a 3D art exhibit entitled "Escape the Rat Race" painted on the concourse of Victoria railway station in London to promote a pest control company, Wednesday, Jan. 18, 2012.

Known for his impressive 3D pavement art, Edgar Mueller created this gigantic chasm for the West India Quay Festival in London. Mueller derives some of his inspiration from the "Ice Age" films.

(Image via Flickr)

At first glance, street artist Julian Beever's sidewalk creations look like unfinished chalk drawings of oddly morphed animals or landscapes. But if you happen upon the one perfect angle, the image magically snaps into shape, showing you a giant charging snail or an aerial view of Times Square.

The process is called anamorphosis, which involves drawing a distorted image which gives the impression of a three-dimensional scene from a certain vantage point. According to NPR, the talented artist sets up a camera or a viewfinder in the specific spot he intends his viewers to stand and draws his killer whales and beachy snapshots from that perspective. So if a passerby views the work from that same perspective, the drawings jump to life in their three-dimensional glory. But if they stand from any other position, the chalk creation appears to be elongated fragments of an incomplete design.

Image courtesy Julian Beever

Street artist Julian Beever also creates other mind-bending illustrations like this chalk reflection. Check out more of his illusions.

Image courtesy of Julian Beever

French street art duo TSF Crew create logic-defying works of art in the run-down areas of industrial France. Combining the cheeky thrills of a well-executed optical illusion with tst makes the perfect combination.

Image courtesy of TSF Crew

Commuter Katherine Ware relaxes on street artist Kurt Wenner's 3D work of art as he adds the finishing touches in Waterloo Station on October 17, 2007 in London, England. Wenner is famous for combining traditional street painting with classical training, illusion and performance to invent an art form of his own know as anamorphic, illusionistic or 3D painting.

(Photo by Chris Jackson/Getty Images)

Kurt Wenner, 3D chalk master, recently created a less perilous way to climb on the Grand Canyon with his massive optical illusion. Located at the South Rim of the park, the installation looks 3D from certain points of view thanks to 150 hours of hard work on Wenner's part. While it may not measure up to the real Grand Canyon experience, the photo ops may come out victorious.

British artists 3D Joe & Max created this stunning optical illusion in conjunction with Reebok CrossFit as part of the seventh annual Guinness World Records Day. The 1,160.4-square-meter painting, seen in London, broke the world record for the largest 3D street art.

(Gary Prior/Reebok CrossFit via AP Images)

Dutch artist Leon Keer is known for his impressive street art displays that play with perspective, but he also knows how to attract onlookers -- by choosing a recognizable theme. One of his most recent works seen in the Netherlands paid homage to Pac-Man, the 1980s arcade game.

Image courtesy of Leon Keer

Artist Qi Xinghua created this work of art entitled "Macao's One Impression" outside a local shopping center in Macao. Hidden within the 120 meter-long optical illusion are all of the city's historical and architectural landmarks.

A Flickr user photographed this impossible object on a building facade. The rectangle uses overlap and various perspective angles to create the illusion of the twisted shaped.

(Image via Flickr)

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る

5 PHOTOS
オノ・ヨーコがデザインした個性的なメンズ服
See Gallery
『96時間/リベンジ』娘役マギー・グレイス、好きなシーンは手りゅう弾
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む