【NASAビデオ】地球に接近中の小惑星DA14、2月15日予測される「記録的なニアミス」

NASA(アメリカ航空宇宙局)の地球近傍天体(Near-Earth Object/NEO)プログラムは2012年に発見された小惑星「2012 DA14」について説明するビデオを発表し、今年2月15日(GMT/日本時間2月16日朝)にDA14が地球上空を通過する際、推測される最接近の距離や小惑星のサイズなどを明らかにしました。



NASAも「危機一髪」("close shave")と述べている今回の接近は2月15日(GMT/日本時間2月16日4時25分ごろ最接近)に起こる予定ですが、NASAによれば、2012 DA14が通る軌道は地球の上空約17,200マイル(27,681 km)と予測されるそうです。DA14の直径は約50m、サッカーフィールドの長さの半分の大きさです。

2004年に直径10mの2004 FU162が地球の上空6,500kmを通過したことがありましたが、今回のDA14は大きさがその5倍あります。NASAは地球との衝突の危険はないとしており、NEOプログラムのドン・イェオマンス氏(Don Yeomans)はこう述べています。「これは記録的な接近です」「1990年代に継続的な観測が始まって以来、これ程の大きさの物体が地球にここまで近づくのはかつてなかったことです。」
<50メートルは「地球付近では典型的な大きさ」>
NASAによれば地球のまわりには大小さまざまな形・サイズの小惑星が数多く存在し、そのサイズはビーチボールほどの大きさから、DA14より遥かに大きい直径がkm単位のものまでありますが、DA14は「非常に典型的な大きさ」の小惑星だとか。

異常に大きいわけでも小さいわけでもない、DA14と同等のスケールの小惑星は約40年ごとに地球の近くを通過する、とイェオマンス氏は推定します。地球に実際衝突するのは、1,200年に1度ほどの割合だそうです。

万が一衝突したとしても、そのすぐ真下にいない限り、50m級の小惑星がもたらす衝撃は地球に激変を起こすものではありません。およそ5万年前、似たようなサイズの隕石が米アリゾナ州に落下し直径1,200mほどのバリンジャー・クレーター(Meteor Crater)を形成しましたが、「その時の天体は鉄からなる隕石でした。それで強力な衝突体となったのです」とイェオマンス氏。対してDA14は主に岩石から構成されるということです。

また、1908年にはシベリア上空で同様のサイズの天体が爆発したと思われるツングースカ大爆発(Tunguska explosion)が起こり、森林が炎上して約2,150平方キロメートルの範囲の樹木がなぎ倒された事件がありましたが、いまだその原因は特定されておらず、科学者たちは研究を続けています。

<縦の曲線が2012 D14の軌道。青い楕円はGEO>
「2012 DA14が地球に衝突するということはまずありません」とイェオマンス氏は強調しています。「この小惑星の軌道は、衝突はあり得ないと言えるだけ(充分)分かっています。」

とは言え、綿密な観察を必要とする近さになることは確かです。DA14は国際宇宙ステーション(ISS)や多くの地球観測衛星がとる低軌道(LEO: Low Earth Orbit)と、通信・気象観測衛星に用いられる対地静止軌道(GEO: Geostationary Earth Orbit)の間を通過すると予測されており、NASAのレーダーはその動きを密にモニターする予定です。

「衛星と衝突する可能性は極めてわずかです」とイェオマンス氏は語ります。予測されるDA14の通過軌道にはほとんど何もないからです。

<モハーヴェ砂漠のゴールドストーン・レーダー>
カリフォルニア州モハーヴェ砂漠にあるゴールドストーン追跡管制所のレーダーを使い、NASAは2月16日から20日までほぼ毎日DA14に向け電波を発射する予定です。その反射波を測定することにより、将来の再接近に備え小惑星の軌道をより正確に突き止めると共に、サイズや回転、反射率など、物理的特性も明らかになります。DA14を全ての方向から観測し、3Dレーダー・マップを作成することも今回の観測キャンペーンの鍵です。

地球に最接近する数時間、小惑星D14は視等級が8の星ほどの明るさになります。理論的にはアマチュア天文家の持つ望遠鏡で見られるということですが、イェオマンス氏は動くスピードが問題だと言います。「小惑星(D14)は空を素早く移動していきます、1分に1度近くの速さで(1度=月の全幅の2倍)。それを追うのは難しくなるでしょう。」かなり経験値を積んだアマチュア天文家であれば成功するかも...とのことです。

もしそれが見られたとしたら、背中に寒気が走るかもしれません。「これは本当に危なかった...」と。

2012 D14や、その他の地球近くの小惑星の情報はこちらのNEOプログラムサイトで得られます。

記事元:YouTube(ScienceAtNASA)NASA Science News

■関連・おすすめサイエンスビデオ
人がいない場所に謎の光?! アメリカのど真ん中に現れた、オーロラなみに明るい炎の群れ - 【NASAの「Suomi NPP」衛星に搭載された新型赤外線センサーで撮影】
「赤い点」が成功の証...高校生が考えた、カブトガニの特性を使うがん治療ワクチン
【NASAビデオ、画像】太陽で巨大フィラメントが噴出、それが3日後に地球でオーロラに!
国際宇宙ステーションから見たロマンチックな夜の地球
NASA無人探査機が火星に着陸! 管制センターが「恐怖の7分間」を乗り越えた瞬間

■その他のおすすめビデオ
ポーランドで初! ハッピーな足取りがかわいい、絶滅危惧種インドサイの赤ちゃん
警察もビックリ!? 銃器買い取りイベントに持ち込まれた、特別仕様の対人殺傷用AK-47ライフル
面白CM:「うちの犬がイカレた!」妙な動きをする愛犬が、 真似ていた憧れの存在とは?

もっと見る

最新エンタメ情報 [Fabloid]、Autoblog・TechCrunch・Engadget日本版はこちらから

7 PHOTOS
スペースX ファルコン9 ロケット!
See Gallery
【NASAビデオ】地球に接近中の小惑星DA14、2月15日予測される「記録的なニアミス」

CAPE CANAVERAL, FL - OCTOBER 07:  A SpaceX Falcon 9 rocket attached to the cargo-only capsule called Dragon lifts off from the launch pad on October 7, 2012 in Cape Canaveral, Florida. The rocket is bringing cargo to the International Space Station that consists of clothing, equipment and science experiments.

CAPE CANAVERAL, FL - OCTOBER 07:  A SpaceX Falcon 9 rocket attached to the cargo-only capsule called Dragon lifts off from the launch pad on October 7, 2012 in Cape Canaveral, Florida. The rocket is bringing cargo to the International Space Station that consists of clothing, equipment and science experiments.

CAPE CANAVERAL, FL - OCTOBER 07:  A SpaceX Falcon 9 rocket attached to the cargo-only capsule called Dragon lifts off from the launch pad on October 7, 2012 in Cape Canaveral, Florida. The rocket is bringing cargo to the International Space Station that consists of clothing, equipment and science experiments.

CAPE CANAVERAL, FL - OCTOBER 07:  A SpaceX Falcon 9 rocket attached to the cargo-only capsule called Dragon lifts off from the launch pad on October 7, 2012 in Cape Canaveral, Florida. The rocket is bringing cargo to the International Space Station that consists of clothing, equipment and science experiments.

CAPE CANAVERAL, FL - OCTOBER 07:  A 30 second camera exposure shows SpaceX Falcon 9 rocket attached to the cargo-only capsule called Dragon as it lifts off from the launch pad on October 7, 2012 in Cape Canaveral, Florida. The rocket is bringing cargo to the International Space Station that consists of clothing, equipment and science experiments.

CAPE CANAVERAL, FL - OCTOBER 07:  SpaceX Falcon 9 rocket attached to the cargo-only capsule called Dragon lifts off from the launch pad on October 7, 2012 in Cape Canaveral, Florida. The rocket is bringing cargo to the International Space Station that consists of clothing, equipment and science experiments.

CAPE CANAVERAL, FL - OCTOBER 07:  A SpaceX Falcon 9 rocket attached to the cargo-only capsule called Dragon lifts off from the launch pad on October 7, 2012 in Cape Canaveral, Florida. The rocket is bringing cargo to the International Space Station that consists of clothing, equipment and science experiments.

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む