Superfly、8万5千人を動員した全国ツアーのファイナル公演を開催

昨年9月に発売した4thアルバム『Force』を携えた全国35公演のホールツアーを1月に終え、同ツアーの模様を4月3日(水)にDVD作品としてリリースしたばかりのSuperfly。3月からは幕張メッセを皮切りに、全9公演のアリーナツアーもスタートさせていたが、いよいよそのファイナルを迎えた。

今回のツアーは、Superflyのデビュー5周年(実際には今月4月4日で6周年)を記念し、"みんなで一緒にお祝いをするようなライブにしたい"という思いで構成されたもの。4月21日(日)に行われたファイナル公演で、お祝い事らしく、Superfly流にタキシードをアレンジした衣装に身を包んだ志帆は、デビューから今までの間にリリースした4作のアルバムから選りすぐられた楽曲を披露。可動式の大型ビジョンによって華やかに演出されたステージには、ストリングス6名、ホーン3名、バンド6名というスペシャル・バンドが登場し、この豪華な演奏陣も今回の見どころのひとつとなった。


おなじみのSE、カーティス・メイフィールドの「Superfly」が流れると、会場からは早くも歓声が。大型ビジョンにデビュー曲「ハロー・ハロー」から今までの作品までのジャケット写真や、アーティスト写真が年代順に次々に映し出され、その後ステージ中央から本人が登場すると、大歓声が沸き起こった。

1曲目の「ハロー・ハロー」に続いて、Superflyのライブでは欠かせない「Hi-Five」が演奏されると会場の熱気はさらに上昇。その後も、ホーン・アレンジされた「マニフェスト」、「恋する瞳は美しい」とロック・ナンバーが続き、会場の高いテンションはキープされ続けていた。その後、「Deep-Sea Fish Orchestra」でストリングス隊と絡んだ激しいパフォーマンスを見せつけたと思うと、「My Best Of My Life」では奥深い世界観を表現。大きな拍手の渦に包まれた後にはアッパーな楽曲が惜しみなく披露され、アリーナ会場がライブハウスのごとく盛り上がっていた様子が印象的であった。

MCで「この5年間振り返って見た時に、幸せなこともたくさんあったけど、苦しいことも悩むこともあった。そのSuperflyの濃厚な5年間を詰め込んだライブにしたいと思います!」と、ライブに込めた想いを語っていた志帆。後半はスポーティーな衣装にチェンジして「タマシイレボリューション」で、集まった1万6千人の観客の身体を揺らし、ステージ左右からセンターステージまでを四方八方に動き回る圧巻のパフォーマンスを見せつけた。そこから「Alright!!」「Force」まで止まることなく一気に駆け抜けた彼女は、「デビューしてすぐはお客さんがなかなか入らなくて、歌いたい気持ちはあるのにどうやって届けたらいいんだろうと悩んだ。でもみんなの支えがあって、みんなからもらう力が何倍ものパワーになることがわかりました。そんなみんなに感謝を伝えたい」と語り「輝く月のように」を披露、そして「スタンディングオベーション」で本編を締めくくった。

その後アンコールに答えて登場した志帆は、「Beep!!」で会場を沸かせ、ツアー・ファイナルのゲストとしてプロデューサーである蔦谷好位置をバンドに加えて「愛をこめて花束を」を演奏。会場が一体となり深い感動に包まれる中、最後は「皆いろいろあるけど、前に前に転がって素晴らしい明日が続きますように!」と「Rollin' Days」を熱唱し、アンコール含め全23曲に及ぶステージに幕を閉じた。



<関連リンク>
Superfly  オフィシャル・サイト
http://www.superfly-web.com/ 
続きを読む