日本人バンドtaffyの4度目の全英ツアーにモグワイのマーティン・バロック氏が登場!

イギリスでリリースした3枚のアルバム全てがNMEなどで高評価を得て、既に英国では確固たる地盤を築いている日本人4人組バンドtaffy。そんな彼らは現在、初のヨーロッパツアーを大盛況の内に終え、去年に続き4度目となる全英ツアーを敢行中だ。


現地時間10月10日(金)、ロンドン中心地にあるライブハウス「バースデイズ」でのヘッドラインライブを皮切りに始まった今回の全英ツアー。初めて訪れたイングランドのハリファックス、そして一気に北上したスコットランドのダンフェルムリンとグラスゴーなど、全て現地バンドをサポートに従える形で行った。各公演で来年リリースが予定されているニューアルバムからの楽曲も披露された。

ロンドン公演は、数百キロを運転して観に来たという、去年の全英ツアー以来のファンや、日本からこのライブの為だけに渡英した日本人ファンなどでごった返していた。初めて訪れた街や、急遽決定したスコットランドでは集客や盛り上がりも懸念されたが無事に盛況を迎え、特に14日に行われたグラスゴーでのライブでは、あのザ・パステルズのメンバーの関わっているライブハウスにて、スコットランドのポストロックバンド・モグワイのドラマー、マーティン・バロック氏もDJとして駆けつけた。各都市で暖かく迎えられ、ここからウェールズの首都・カーディフで開催されるロックフェス「Swn Festival」への出演に向けて、ツアー後半戦へと突入して行く。

【参照リンク】
・taffy オフィシャル・サイト
http://www.taffy8.com
・ヨーロッパツアー特設ページ
http://www.taffy8.com/tour/
続きを読む