高校サッカー地区大会のスーパープレーが話題!広島皆実・丸川が見事なヒールリフト


11月16日、冬の風物詩である高校サッカー(第93回全国高校サッカー選手権大会)の出場校が出揃った。本大会をおよそ1カ月半後にひかえ、ネット上では既に、地区大会で登場したスーパープレーが話題になっている。



マンガのようなスーパープレーが飛び出したのは、16日に広島県の広島広域公園第一球技場で行われた同県の地区大会決勝戦、広島皆実高校と如水館高校の一戦だ。広島皆実のMF丸川太誠選手が、相手陣地右サイドのペナルティーエリア付近で2人のディフェンスに囲まれた際、見事な"ヒールリフト"でその2人をあっという間に抜き去ったのである。

ヒールリフトとは、マンガ『キャプテン翼』で主人公の大空翼が得意とした技であり、ボールを両足のかかとと甲で前後から挟み、かかとで蹴り上げ、ボールが頭上を越すというもの。多くの選手が練習などで試してはみるものの、実際に試合で行うのは非常に難しい技だ。

教科書のような完璧な形でこの技を決めた丸川選手に、会場の観客は大盛り上がり。6秒ループ動画サイト「Vine」にアップされたこの場面を写した動画は、投稿から15時間でおよそ95万回再生されている。

【動画】https://vine.co/v/O5X9bQKTLHX/embed/simple


【動画】https://vine.co/v/O5XX6H7UZpz/embed/simple


なお、試合は3 対0のスコアで広島皆実高校が勝利を収め、同校は2年連続11回目の全国大会出場を決めた。第87回大会では優勝も果たしている同校。今回の本大会での活躍も楽しみだ。そして、さらなるスーパープレーに期待せずにはいられない。

【参照リンク】
https://vine.co/v/O5X9bQKTLHX/embed/simple
https://vine.co/v/O5XX6H7UZpz/embed/simple
続きを読む