捨てられたかわいい子猫をメタル界の大御所スレイヤーが助ける!ネット上で感動の嵐



アメリカの人気メタルバンド、SLAYER(スレイヤー)の意外すぎる一面が報道された。"Dead Skin Mask"" Reign In Blood" "Angel of Death "などのメタル・アンセムで知られるスレイヤーだが、なんとバンドのスタッフが捨てられた子猫を救ったというのだ。

バンドの広報担当者が、スレイヤーのロゴを背にしたフワフワの子猫の写真をネット上に公開し、

「昨夜はケリー・キング(ギター)とスタッフ数人で、インディアナポリスにあるケリーお気に入りのステーキハウスへ」「その後、アシスタント・ツアー・マネージャーのジェスが、ホームレスの男性が子猫を1ドルで売っているのを見つけた」「ジェスは凍えて震えていた子猫を連れて帰り、その晩はバスの寝台で一緒に寝て、今日ライブ会場に連れてきた」「あるスタッフがちょうど猫を飼いたがっている人を知っていたので、子猫は無事に新しい家を見つけられた」

とコメント。スレイヤー・チームが保護した子猫は新しい飼い主の元で"ジプシー"と名付けられ、すくすく育っているようだ。この心あたたまるエピソードに、ネット上では、

「みんなメタルヘッズは悪人と思ってるかもしれないけど...スレイヤーは子猫を救った!」
「素晴らしい!!」
「カッコいい!」
「超やさしいじゃん」
「いい話!」
「ますますスレイヤーが好きになった」
「子猫はメタルだ!」

と、その親切な行為を絶賛する声が続々と寄せられている。

【参照リンク】
・Heavy metal band Slayer show soft side by rescuing homeless KITTEN
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/heavy-metal-band-slayer-show-4766040
続きを読む