絶対に負けられないX'masがそこにはある!男をアゲる、女子への必勝プレゼントリスト


ク~リスマスが今年も~や~ぁってくる♪ はい、やってきました、泣く子も黙る散財の季節。彼女や妻、その他スイートな相手がいるリア充男子のみなさん、財布の紐をユルめる準備はできているだろうか。アベノミクスの恩恵を受けていようが、景気上向きの実感がなかろうが、この時期は出すもの出さないといけない。クリスマスプレゼントのクオリティ次第で、女子との未来がガラッと変わることだってあるのだから......そう、絶対に負けられない戦いがそこにはある(震え声)。

とはいえ、闇雲に値の張るものをあげれば良いというものではない。そこで、今回は、男を爆上げできる女子への定番ハイセンスグッズをリストアップしてみたので、是非、参考にしてほしい。

女子ならばもらって絶対にうれしいド定番グッズ。一発目はこちら。



全世界の女性が憧れる、フランスのハイジュエリーメゾン「ヴァン クリーフ&アーペル」のホリデーシーズン限定ペンダント『ヴィンテージ アルハンブラ』だ。数千万から数億円する目玉が飛び出るほど高価な商品を揃える同メゾンだが、このホリデーシーズン限定ペンダントは現実ラインの34万5600円! 安い! 安くないけど! ピンクゴールド、グレーマザーオブパール、そしてダイヤモンドが一体となった女性らしいデザインの、この限定ペンダント。これに心揺さぶられない女子などいない(確信)。

続いてはクリスチャン・ルブタンのパンプス。マニキュアを思わせる官能的な深紅色に染められた靴底が特徴の同ブランドは、女の子なら一度は履いてみたい逸品である。東京・銀座の路面店のほか、新宿伊勢丹など取り扱いのあるハイセンスな店に突然彼女を連れて行き、「どれが欲しい?」とかドヤ顔で言ってみたいものである。なお、パンプスの値段は約8万円~、といったところ。

男子にも人気が高いマッキントッシュのゴム引きコートは、オシャレ女子垂涎のアイテム。1820年代に英国で生まれ、1830年代にヨーロッパ中に広がった同ブランドのゴム引きコートは今も当時の製法のままに作られているそう。当時の日本は江戸幕府の「文政の改革」真っ只中......伝統を感じるってレベルの話ではない。ちなみにロング丈のトレンチコート「フォレスト」の価格は19万8000円(税別)。エレガントなコートだけに値段もエレガントである。

同じく英国貴族御用達の老舗トラベルケース(旅行カバン)ブランド、グローブトロッターも紹介したい。1897年、特殊な紙を何層も重ね樹脂をコーティングした素材のヴァルカンファイバーで作られたグロートロッターのトラベルケース。めっちゃくちゃ伝統と格式があることから英国紳士系男子に大人気のブランドだが、ここ数年、有名女性モデルや人気女性スタイリストらがこぞってブログや雑誌などで、愛用しているシーンを掲載したことで、女性の間でも一気にブレイク。特に、女子向けモデルともいえるサファリシリーズのアイボリーホワイトのトロリーケースの人気は非常に高い。これを、「旅行でも行こうか」とか言いながら、サラッとプレゼントできる男は間違いなくカッコいい。ちなみに、同モデルは18インチで16万円(税別)なのでサラッと買えるような値段ではない。

最後に紹介するのがクロエのバッグだ。クロエといえば国内外のセレブが愛用するフランスの人気ラグジュアリーブランド。財布も「間違いない」が、やはりバッグはリストからは外せない。定番バッグの「パラティ」は持っているだけで女子の気分がアガるとも言われているが、カジュアルスタイルにもオフィススタイルにも合わせることができる実用性の高さも兼ね備えており、長期間に渡り頻繁に使用されるという長所も考えられる。価格は約26万2440円。うん、中古車買えるね。

どんなに値段が高いプレゼントを贈っても、選んだもののセンスが悪くて喜ばれなければ意味がない。今回紹介した商品は、どんな女性でも喜んでもらえるキラーアイテムばかり。このクリスマスはサンタにでもなったつもりで、最愛の人に一世一代のプレゼントをしてみてはいかがだろうか?
続きを読む