「今年最も働いた男たち」CA藤田社長(麻雀最強位)からコメント到着 心して読むべし!


12月7日、「年忘れ!ハードワーカーズだョ!全員集合2014」が、イベントスペース・アーツ 千代田(東京都千代田区)で開催され、朝8時から10時という「残業明けの社畜に最も優しい時間」に行われた。



同イベントでは「HARDWORKERS OF THE YEAR 2014 発表 ~今年もっとも働いた人たち"を『ハードワーカーズ』が称える~」というコーナーが登場。すき家の「ワンオペ」、博報堂ケトル共同CEOの嶋浩一郎氏(GQ MEN OF THE YEARとのダブルノミネートは史上初)、当サイトでの連載でもおなじみ「会社は学校じゃねぇんだよ」のセリフで名高い松村淳平氏らが勝手に表彰された。

表彰された中には、株式会社サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏も入っていたが、同氏が高く評価されたポイントは、それなりに目をかけていた社員が突然ライバル会社に転職したことを日経新聞のコラムにて、苦言を呈したことである。

これに対し、「社員には辞める権利があります!」「社長がそんなことを言うのはおかしいです!」といった甘ったれバカによる批判が殺到したが、当サイト・ハードワーカーズとしては藤田氏のこの姿勢を高く評価。まさに社畜の鏡であるとして表彰したのである。
(参照:勝ち馬に乗ってCA藤田社長を叩くお前ら 一生権利主張しとけ

そんな藤田氏だが、今回の受賞を12月10日に初めて聞き、「えっ? 本当ですか?」と一瞬驚いた様子。以下、藤田氏の受賞に対するコメントを紹介しよう。

「あぁ、あの件で表彰されたのですか(笑)。僕は本格的な社畜ですからね。あの時、経営者からは多数のメールやメッセージはもらい、『よくぞみんなが言いたくても言えないことを言ってくれた!』と称賛されましたよ。でも、あんだけ叩かれている中だったので『公の場でも言ってくれよ!』なんて思いましたね。
まぁ、それはさておき、僕の意図としては、社内を引き締めるというものがあったほか、あそこで紹介した社員に対しては『怒っていないからな』というのを伝えるものがありました。怒るつもりでは書いていなかったのです」


というわけで、あの時論争を巻き起こした藤田氏の原稿に我々のサイトとしては改めてモーレツに「いいね!」と言いたい次第である。

我らハードワーカー界の最高峰「社畜最強位」に位置する藤田社長は、12月13日「麻雀最強戦2014ファイナル」で優勝、麻雀界でも最強の「麻雀最強位」に。ハードワーカーズでは、そのいくさ人ぶりを称え、「HARDWORKERS OF THE YEAR」永久殿堂入りを勝手に決定した。

ビューティフル・社畜・ライフコンサルタント
中川淳一郎
続きを読む