「子供と触れ合う時間が足りない」 現代のパパ・ママが子供と触れ合う時間1位は?


最近子どもと触れ合う時間が足りないな...と感じている父親・母親はなんと68.2%も存在、また子どもとコミュニケーションが十分に取れていないと感じている親は約70%に及ぶという衝撃の数字が明らかになっている。


触れ合い不足の一番の理由は、「家事に追われて」「仕事が忙しく帰っても寝ていることが多い」など、仕事や家事の忙しさがダントツ。また実際に子供と触れ合う時間は、1位が「1時間程度」(31.0%)、2位が「2時間程度」(26.8%)で、合わせると57.8%と多くの人が「1~2時間」程度。親としては子どもと触れ合うことは大切と分かっていても、理想と現実にかなりギャップがあり、なかなかコミュニケーションがとれていない現状が浮き彫りになっている。

そんな親たちが、子供と触れ合えて、なおかつその成長を間近で見られるとして「やってみたい」との声をあげているのが、「習い事」。ヤマハ音楽教室では、「ヤマハの時間は、親子の時間。」というメッセージと共に動画を公開しているので、まだ習い事デビューさせていないという親は、これを見ればどんな感じかイメージしやすいかもしれない。

【動画】http://youtu.be/gxPP_2JctuM


実際に子供を習い事に通わせている親からは、「子供とコミュニケーションをとる時間が増えた」と実感する声も。友達と遊んだり、先生から褒められて喜んだり、家とは違う我が子の表情を発見することもできると好評だ。

■参照リンク
「ヤマハの時間は、親子の時間。」特設サイト
http://www.yamaha-ongaku.com/kids/yamaha-oyako/
続きを読む