「リアル・ムーミンファミリー」の初来日に「かわいい」「怖い」と賛否両論


今年は、『ムーミン』の原作者であるトーベ・ヤンソンの生誕から100周年。そのため、全国10会場で「MOOMIN! ムーミン展」が開催され、数々の関連書籍も出版、さらにロッテのキシリトールガムでも「ムーミンボトル」が登場するなど、まさに「ムーミン・イヤー」の1年だった。


これを後押ししているといえそうなのが、近年の北欧ブームだ。たとえば2012年、デンマークの雑貨店であるフライングタイガー・コペンハーゲンが日本進出を果たし、スウェーデンの人気陶芸家を取り上げる「リサ・ラーソン展」も今年、各地で開催されるなど、北欧のファッションや文化が多くの人の関心を集めている。

そんな中、現在行われている北欧関連のイベントが「TRAVELLERS in北欧クリスマスストリート」。11月29日から名古屋・矢場公園で開催されており、かもめ食堂の舞台になったカフェ・スオミなど北欧のグルメやグッズを提供する日本初上陸のショップが20ほど場内に出店している。

そして、このイベントの目玉といえるのが、リアルなムーミンファミリーが来日していること。実は、ムーミン、ムーミンパパ、ムーミンママ、ミイ、スナフキンがそろって来日するのは、今回が初めてなのだとか......しかし、ネット上にはリアル・ムーミンファミリーに対して、次のような意見も書き込まれている。

「ムーミン隣に来たけど、目が怖い(笑) 」
「ムーミンに会いに名古屋まで行ってきた 1日4回のショーって何だろう?って思ってたら『これからムーミンたちがダンスを踊るよ』って流れて会場がざわついた笑 フルムービー撮ったので見たい人は言ってね!かわいいからwww」
「ムーミンの着ぐるみこわいけど、矢場公園のイベントいきたす〜」
「スナフキン会えた めっちゃイケメンだった笑 ミィも可愛かったしムーミンパパすぐ帽子落ちちゃうし癒された」

スナフキンやミイは「イケメン」「可愛い」とする意見がある一方で、ムーミンに関しては「怖い」との印象を持った人も。そこで、イラストのムーミンと来日中のリアル・ムーミンの画像を比較してみたい。






※画像を一部加工しています

いかがだろうか? イラストのムーミンファミリーと比べると、リアルの方は胴体や脚、腕がちょっと長めに感じられる。とはいえ、原画にかなり忠実で可愛いと筆者は感じるし、ネット上でも同様の意見があった。

なお、「TRAVELLERS」は12月28日まで開催されている。自身の目でイラストとリアルなムーミンの違いを確かめたいという方は、ぜひ名古屋・矢場公園を訪れていただきたい。

■参照リンク
TRAVELLERS in北欧クリスマスストリート
http://www.travellers.voyage/
MOOMIN × XYLITOL
http://www.lotte.co.jp/products/brand/xylitol/moomin.html
続きを読む