【恋愛コラムをナンパ師が斬る】最低ナンパ男かどうか?を見極めるワードを伝授


編集長A/今回は「ハウコレ」さんに掲載された『2人の関係にヒビが・・・!恋のはじめに「絶対にしてはいけない話題」4つ』(http://ws2.howcollect.jp/article/9050!)。狙ってる男とのデート中や、付き合いはじめの彼氏との会話中のNGワードみたいなもんですな!


ナンパ師B/要するに、僕の立場からすると"セフレから言われたくない話題"みたいなもんですよね!? いいっすね、気になるっすね! ではでは一気に見ていきましょ!!

『1.2人のこれからについて
(中略)まだ付き合う前の段階ですね。まだお互いの気持ちがあやふやな段階だと「ハッキリしてよ!」と思う気持ちが湧くのはよくわかります。
でも、あまりにも早い段階で結論を求めるのはやめた方が良さそう。(以下略)』


『2.過去の恋人に関すること
(中略)好きになった人が昔どんな人が好きだったのか、どんな恋愛をしてきたのかは気になるところですが、触れない方が良さそうです。(以下略)』


『3.お金にまつわること
(中略)お金にまつわることはデリケートな部分なので、触れない方が良さそうです。
収入が少ない男性なら、気にしている部分をついてくる女性の印象はあまり良くありませんし、例え高収入の男性だったとしても「お金目当て?」と思われてしまいます。(以下略)』

『4.結婚について
(中略)付き合い始めに「結婚」という言葉を口にする女性は焦っているのがバレバレで男性からすると怖い印象を受けるそう。(以下略)』


ナンパ師B/ほっほ~、なるほど。

編集長A/おや、反論なしですかww?

ナンパ師B/う~ん、そうですねー。確かに僕がセフレから言われたら鬱陶しいな~って思うのもあるし、それ以外でも確かにその話題を持ち出されて嫌な気持ちになる男もいるんでしょうなー、と納得したっす。

編集長A/おや、何か穏やかなテンションですねwww。

ナンパ師B/うーん、何かいまいちテンションが上がらずww。とりあえず僕がセフレ扱いしてるコに言われて嫌なのは、『1.2人のこれからについて』と『4.結婚について』ですよね、当然。つーか、軽くツッコミ入れるとしたら、この2つってほぼ同じ意味じゃないすかwww。全部で4項目しかないのに、わざわざこの2つをそれぞれ紹介する意味はわかんねっすwww。へんしゅーちょはどうすか?

編集長A/俺は『1.2人のこれからについて』と『4.結婚について』は、本命のコに聞かれる分には構わないけど、ただの遊びの女のコに聞かれるのはめんどいと思っちゃうかな~ww。ちなみに『2.過去の恋人に関すること』と『3.お金にまつわること』は別に聞かれても全然オケー。どっちもフツーに応えられるし、嫌な気分もしないです。

ナンパ師B/僕も『2.過去の恋人に関すること』は全然言えますね。むしろ自分の過去の大恋愛を聞いてもらいたいwww。あと『3.お金にまつわること』は、社会の成功者でありプチセレブなへんしゅーちょにしたら、別に聞かれても困らないんでしょうなwwww。

編集長A/いやいや、別に俺、そんなにカネ持ってないですよwwww。でもまぁ、自分の稼ぎに自信がない男子にしたら、聞かれたら嫌かもしれないですねー。じゃあ今回のコラムに関しては、全体的に異論なしってことでよろしいですかww?

ナンパ師B/いんや!! 異論はありまくりっすよ!!

編集長A/あるんだwwwwwww。

ナンパ師B/あるっす、あるっす! 今回はマジで全女子の味方になりたいと思います!!

編集長A/ほぉ? どういう意味ですか?

ナンパ師B/今までのこの連載では、女子の味方に立つテイで全女子をセフレにしてやろうという魂胆から発言してましたが、今回ばかりはマジレスで全女子に向けて、ガチでためになるアドバイスをしたい所存っす!!!!

編集長A/ずいぶんぶっちゃけましたねwwww。じゃあどんなアドバイスか聞こうじゃありませんかww。

ナンパ師B/僕はね、今回のこのコラムは"悪"だと考えています! このコラムの最後のまとめの文章で、『これらの話題は男性も気にしているからこそ、彼が自分から話題を持ち出さない限り触れないようにしましょう。』と言ってるんですよ。まぁその言葉の通り、確かに友達以上恋人未満の関係性の男女や、付き合いたての彼氏彼女の関係性において、今回挙がった4項目のような話題は避けた方が、目先の争いは防げますからね。だたね、全女子に問いたい! 対等であることが理想の恋愛関係において、相手の男のご機嫌を必死で窺うようなスタンスを身に付けてもいいのか、と!?

編集長A/おっ......おぉ~。ホントに真面目なアドバイスをしてくれるっぽい!!

ナンパ師B/恋愛はね、別に勝ち負けではないと思うんです。でもね、勝ち負けではないと言っても、実際問題として、イニシアチブを握るのはどっちか、みたいなところはポイントになってくるわけですよ。でね、こんなコラムの内容を鵜呑みにして、相手の男の顔色を窺って聞きたいことも聞かないようにすることが、どんな弊害を生むか、考えたことあるんですかと!? 相手に嫌われないように嫌われないようにしてたら、自然とその態度は表に出ちゃって、相手の男にも伝わっちゃうんですよ。そうするとその男は、「はっはーん、この女、俺に嫌われないように必死じゃんww」って思うわけですよ、でもってちょづくわけですよ!!

編集長A/相手の機嫌ばっかり取ってるような女は、相手の男に主導権握られますよね。確かにそれは恋愛において弊害がありますし。仮に今回の4項目の話題を避けていること自体を相手の男に悟られなくても、やっぱりそういう卑屈な態度は何となく空気に出ちゃって、相手の男にバレちゃいますからね。男の増長を招く要因になるっていうのは、確かに一理ありますなー。

ナンパ師B/そうそう! でさ、相手の男が調子に乗ったまま付き合ったらどうなるかって言えば、浮気される可能性だってあるだろうし、自分勝手なルールを作られちゃう場合だってあるだろうし、デメリットがわんさかなんですよ!! 目先のいざこざを避けたばっかりに、先々に良くないことがわんさか起こりうるんですよ!! それは全部、まだ正式に彼氏彼女になってないからだとか、まだ付き合い始めだからだとか、そういう理由つけて相手に嫌な思いをさせないように、させないようにって気を遣いすぎてることが原因なんすわ!!

編集長A/けっこう恋人との衝突を避けようとしちゃう人多いけど、必ずしも衝突を避けることが正しい選択ではないってことだよね。雨降って地固まるってこともあるし、本音をぶつけて衝突するからこそ、二人の仲が深まるってこともあるだろうしね。

ナンパ師B/そうそうそう! あとこれは自分の首絞めるようで言いたかなかったんですけど、『1.2人のこれからについて』とか『4.結婚について』とかの話題を聞くってのは、俺みたいなヤリ捨てしようとしてる男かどうかをジャッジする、リトマス試験紙にもなりますからな!!

編集長A/とうとう言っちゃったwwwwwwwwwwwwww。

ナンパ師B/確かにね、あなたと真剣に交際を考えてる男でも、いきなり『1.2人のこれからについて』『4.結婚について』を聞かれたら引いちゃう男もいますよ。でもね、その場では引くかもしれないけど、あなたのことを真剣に考えてる男なら、ちょっと嫌だなとか、ちょっとめんどくさいコだなとは思いつつも、ちゃんと真剣に答えてくれますよ!! でもね、俺らみたいなヤリモクなだけの、セフレにしたいだけのクソナンパ野郎たちは、『1.2人のこれからについて』とか『4.結婚について』みたいな質問はホント嫌だし、露骨に嫌な態度が出ちゃったりするもんだから、真剣な男かナンパ男かを見極めるツールとして、この話題は実はめっちゃ役に立つんですよ!!!!!!

編集長A/恋愛の真理やないかwwww。でもホントにその通りですよね。このコラムのまとめの最後の一文に『どうしても女性から聞きたいという時には、だいぶ仲が深まってからにした方が良さそうですね。』なんて書いてるんですけど、相手がただのヤリモクナンパ野郎だったら、もうちょっと仲が深まってから聞いてみよーなんて考えてるうちに、さんざんヤラれるだけヤラれてフェードアウトされるのがオチだしねwww。

ナンパ師B/そうそうそうそうそうそうそう!!!! だからこそ、真剣な男に多少引かれるリスクを背負ったとしても、早めにナンパ野郎かどうかを見極められるんだから、積極的にこの話題は振ってった方がいいっての! あとね、これはまぁ持論ですけど、真剣にあなたのことを考えてくれてる男に対して『1.2人のこれからについて』とか『4.結婚について』みたいな会話をしちゃったとして、それで相手にドン引きされたとして、仮にそれが原因で恋の芽が摘まれてしまったとしましょう。それならそれで、よかったって思えよ! だって、たかだか2人の将来について、ちょっと先走った質問しちゃっただけで関係が壊れるようなら、どうせその先、たいして続かねーって! 結婚までたどり着かねぇって!! てか、そんなことぐらいで別れを選択するような男は、どう考えても器がちっちぇえ男なんだから、んな男とそうそうに縁が切れてラッキー♪ ぐらいに思いやがれってんだーーーー!!!!

編集長A/Bさん、熱いっす、熱いっすよwww。

ナンパ師B/だから結論から言うと、『1.2人のこれからについて』とか『4.結婚について』みたいな会話は、むしろガンガンしていった方がいいってことだよ! 嫌われるかもしれねぇけど、嫌われてもいいんだよ!? だってそんなことぐらいでお前のことをウザがる男ってのは、クソナンパ野郎か、器がおちょこ野郎かのどっちかなんだからな! 嫌われて上等だろうが! まぁクソナンパ野郎とか器がおちょこ野郎とかにも嫌われたくないなんてゆー4軍女子なら、せいぜい全世界の男のご機嫌取ってりゃいいですよ! でもな、逆にいきなりそんな会話を持ち出してもちゃんと真剣に答えてくれる男なら、あなたの生涯のパートナーにふさわしいかもしれませんよ!!!!!?

編集長A/キレてんだか応援してんだかwwww。まだまだBさんは語り足らなそうですが、何か話聞いてるの疲れちゃったんで、今回はこのへんでー。ではまた次回の恋愛コラムパトロールをお楽しみにー!


■『女子向け恋愛コラムを元メンズファッション誌編集長と500人斬りナンパ師が斬る!』とは・・・

最近よくネットメディアで見かける「メンジョイ!」、「オトメスゴレン」、「ハウコレ」、「モデルプレス」、「みんなのウェディング」、「マイナビウーマン」、「Googirl」、「美レンジャー」、「MYLOHAS」、「ローリエ」、「ウーマンエキサイト」などの女子向け恋愛指南コラム。
【男性が「好きな女性だけにする言動」・5選】、【男子が「この女性に最後の愛を捧げる」と決める瞬間5つ】、【誘われやすい女子になる方法】、【遊び相手にされる女子のNG発言】、【女友達を異性として意識したとき】なんてタイトルの記事がネットのニュースサイトを中心に氾濫しているわけだが、この中身がなかなかどうして的外れすぎるのだ!!
「いや、それ男が"彼女にしたい女"にじゃなくて"セフレにしたい女"にする態度だから!」といった内容や、「この記事を盲信したらモテる女どころか超絶にイタい女になっちゃうよ!!」といった内容が、いけしゃあしゃあと"恋愛指南"の名のもとに語られているという惨状なのである。
そんな悲惨な恋愛コラムの現状を憂い、義憤に満ち満ちたこの二人、元ファッション誌編集長で恋愛事情を熟知したA氏(33歳・男性)、そして500人斬りを達成したナンパ師B氏(31歳・男性)が、ドイヒーな恋愛コラムを斬りまくる!!
続きを読む