小林麻耶が語る結婚観にネット上から応援の声 「幸せになって」「励まされた」


年末年始にかけて、芸能界では大物カップルたちが続々と結婚に関する報告を行っているが、そうした 中、フリーアナウンサーの小林麻耶(35)が、「結婚への『執着』は完全になくなりました!」と明かし、注目を集めている。


これは元旦に更新された小林のブログ記事で明かされた内容で、彼女は昨年、これまで独身でいたことを改めて振り返り、既婚者へのヒアリングなどから、自分が「結婚」というものそのものに執着していたせいで思い悩んだり、焦ったりしていたのだと推測。結果、結婚そのものに対する執着を捨て、「結婚相手」を探すのではなく、「愛する人」との出逢いを模索し、そうした人との出逢いの末に、結果として結婚があるかもしれないという考え方にシフトしていったようだ。

こうした小林アナの「新たな結婚観」について、ネット上の男性か らは「麻耶ちゃんモテそうなのにな」「でも、正しい判断だと思うわ」「結婚云々よりも愛し愛される人との出逢いだもんな」「俺も麻耶ちゃんみたいな人と出会いたいわ」「しあわせになって欲しいよな」と、多くのエールが。また同世代と思しき独身女性からも、「私も婚活じゃなくて好きになれる人を探す!」「恋愛ばかりは巻きをかけてもしょうがないよね」「好きでもない人と結婚するくらいなら独身のほうがいいよ」「そうね、結果として結婚というのはいいよね」「麻耶ちゃんに励まされたわ」と、多くの共感を得た様子だ。

年頭の所信表明?として、「私にとってのベストなタイミングでパートナーが現れるんだと信じています。今、結婚できていないことを ネガティブに思うより、今、独身でいられることをポジティブに思い2015年は生きてみようと思います」と語った彼女。もともとアイドルアナとして多くの人々から愛されている彼女であるだけに、今年は、その気になるお相手が出現するのか、気になるところだ。

文・久保田太陽

【参照リンク】
http://ameblo.jp/kobayashi-maya/entry-11971661385.html
http://ameblo.jp/kobayashi-maya/image-11966535003-13163331595.html
続きを読む