『攻殻機動隊 新劇場版』初夏公開、『ARISE』TV放送4月スタート!ファンが大熱狂


士郎正宗原作『攻殻機動隊』の新作映画『攻殻機動隊 新劇場版』が2015年初夏に全国公開されることが発表され、世界中のファンたちを熱狂させている。



「攻殻機動隊」は、1989年に発表された士郎正宗によるSF漫画が原作。劇場用作品として製作されるものとしては4作目となり、主人公・草薙素子がなぜ自らの部隊を求め、戦い続けるのか。彼女の出生の秘密や、攻殻機動隊の起源が明かされるらしいというから気になるところだ。

【特報】http://youtu.be/CUEktyhOSxg


『攻殻機動隊』といえば、つい先日、ハリウッド実写版のヒロインがスカーレット・ヨハンソンに決まったことが発表されたばかり。これについてはネット上でも、「アクションもできる人気女優で選んだかんじだな」「黒髪になればなんとかなる」「スカヨハか。ルーシーはなかなか良い演技だった。いろんな役できる女優だしいいんじゃないか」という容認派もいれば、「アベンジャーズのブラックウィドーそのものになりそう」「ハリウッドで攻殻の感じ出せるんかねぇ...」「AKIRAと同じでこれも封印してほしい」など、名作の実写化に疑問を呈する声も。とはいえこちら、主演は決まったが、映画製作自体は正式決定ではないためペンディング状態との情報もあり、続報が待たれるところだ。

というわけで、今のところは夏公開の『攻殻機動隊 新劇場版』に期待がかかるところ。4月からは『攻殻機動隊 ARISE』のTVアニメシリーズが放送されるなど、何やら攻殻イヤーになりそうな2015年である。

(c)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

■参照リンク
映画『攻殻機動隊 新劇場版』公式サイト
http://kokaku-a.jp/
続きを読む