日テレ女子アナ内定取り消し訴訟問題が海外でも話題 「戦う姿勢に感銘」「根性ある」



銀座でのホステスのアルバイト経験が理由で、日本テレビの内定を取り消しになった東洋英和女学院大4年生、笹崎里菜さんの地位確認を求めた訴訟に関して、原告弁護士が1月7日和解協議後、日本テレビ側が前言を翻し採用する方向で和解を進めることが明らかになった、このニュースを受け海外のネットなどでもその動向が話題となっている。

「彼女が勝つなら良い知らせだよ」「(内定取り消しは)氷山の一角なんだろうな」「銀座のホステスはやっぱり根性あるな」と言った笹崎さんに好意的なコメントが目立ち、「何をやっていても望んだ所に就職する権利はあるだろ」「こんな理由で就職を拒否する大人たちの性差別主義な所こそ問題視するべき」など日テレの対応の悪さや、性差別的な扱いを猛反発する意見も少なくない。

その一方で「今後日本テレビに入ってからが心配」との声も「これで内定が貰えても、出社初日のオフィスでの空気は凄そう。でもこの前評判のおかげで上司も嫌がらせが出来ないだろうけど」「色々な圧力で彼女がメインキャスターに選ばれることはなさそう」など入社後に肩身の狭い思いをするだろうという意見もチラホラ。

さらに「逆に今後テレビのネタとして、日本テレビも使えるかもな」といった入社後にこのネタで仕事に使えるといったユニークな意見や「海外のもっと質の高い職に就いた方がいいんじゃないか?」や海外的な考えなのか「和解するなら、もっと良い条件を飲ますことが出来るだろう」ともっとしたかに交渉するべきといったコメントも並んだ。

事の経緯を知った上で学生が大きなメディア企業を訴えたという点を評価している人もおり「訴訟してまで就職するとかスゴイ」 「仕事が無い、と弱音を吐いている人は見習った方が良いね」や「彼女は自分に自信があるんだろう、ただ日本では余りこういう人は受けないんだよな」など日本人の本質をついた書き込みや「個人として戦う姿勢には感銘を受けた」など、やはり彼女の精神力の強さは海外の人にも印象的なもののようだ。

【参照リンク】
http://www.japantoday.com/category/national/view/ntv-settles-with-college-girl-offers-her-announcer-position
https://twitter.com/rinachi16
続きを読む