イスラム国ISIS日本人拘束事件で民主党の軽率すぎるツイートに批判集中


過激派武装組織・ISISに邦人男性2人が拉致・監禁され、殺害予告がなされている事件について、民主党が公式twitterアカウント上で行った投稿が物議を醸し、その後、猛烈な抗議を受けて投稿を削除。修正した文言を再度ツイートしたことが明らかとなった。

これは事件を受けて1月21日に投稿されたもので、この中で民主党は「過激派「イスラム国」とみられる集団が日本人の殺害を公表したことを受け、民主党は21日午後、「シリアにおける日本人拘束事案に関する情報連絡会議」を開催しました。」とツイート。
しかしその内容が、既に人質が殺害されたかのような印象を与えるものであったため、非難が殺到。「イスラム国」とみられる集団が日本人2人を殺害するとして日本政府に身代金を要求したことを受け、民主党は21日午後、「シリアにおける日本人拘束事案に関する情報連絡会議」を開催しました。」と修正した。

この民主党による思わぬ「誤爆」騒動に、ネット上からは、多くの批判と呆れ声が。こうした発表が行われた真相については謎だが、デリケートな話題であるだけに、その取り扱いについては、十分な配慮がなされることを求めたいところだ。

文・葛西敦規
続きを読む