あるNBA選手の勝利インタビューが高田純次ばりにテキトーすぎるとネット上で話題に 【動画】



NBA・ロサンゼルス・クリッパーズのデアンドレ・ジョーダンが試合で大活躍した際のインタビューが「あまりに適当すぎる」とネット上で注目を集めている。

最近行われたセルティックス戦で19得点を挙げ、12リバウンドを奪取したジョーダン。リポーターが「それにしても今日は、八面六臂の大活躍でしたね~」と絶賛しているのに、「(目をキョロキョロさせながら)あ~、ああ、そうだねえ」と、やっつけ対応だ。

その後もしばし言葉に詰まるジョーダン選手に、リポーターが「音楽に聴き入ってるんですか?」と問いかけると、「(会場に流れる)2パックの曲を聴いててさ、質問の内容を忘れちゃったよ」と釈明。さらに、リポーターが自分のプレーを細かく語り感想を求めているのに、本人は他の誰かに挨拶したりとテキトー放題である。

しかも、やっと質問に答えたかと思えば、今度は仲間がやって来てタオルで口をふさぐ始末。インタビューはここで半強制的に終了となり、まともなコメントがもらえなかったリポーターも笑うしかないといった雰囲気だ。

https://www.youtube.com/watch?v=jT_8a5ohuPs


ファンとしてはやや残念だったこのインタビューには、ネットでも「ジョーダンが2パックの曲を聴いてる時はインタビューしちゃダメだ」という記事まで出る始末。映像を見た人からも「これはちょっと...」といった声が上がっている。
続きを読む