芸人にとってスマートで上手な酒の飲み方=仕事の出来る奴とは限らない!


どうも!「マッハスピード豪速球、『ガン太』」の「どんなときも。」です!!
働く皆様!しんどいですかー!?

皆様お酒とは上手にお付き合いしていますか?ボクの中ではサラリーマン、ビジネスマンなどの仕事ができる有能な方はお酒の飲み方もスマートで上手だというイメージがあります。
一方ボクら芸人にとってもお酒との縁は切っても切れない物でございます。ライブでウケれば飲み。ライブでスベればもっと飲む。次の日がバイトで早かろうと所詮はバイト。
企業に勤めている程の責任感は無い為少々酒が残り出勤してもいいだろう!とさほど気にはしません。むしろこの打ち上げこそ芸人にとっては知らない芸人との交友を広め顔を売り様々な情報を仕入れる。という大事な仕事なのだと自分を奮い立たせ責任感を持って飲みます。そして芸人と社会人の酒との関係で決定的に違う部分は芸人にとって必ずしも【スマートで上手な酒の飲み方】=【仕事の出来る奴】では無いと言う事だと思います。
芸人にとって酒の失敗談トラブルとはネタ以外の何物でもないのです。


日本酒を飲むと必ず糞を漏らしてしまう人、友達の芸人の部屋だと思って隣の知らない人の部屋に入ってしまいそのまま寝ていた人、ほぼお婆ちゃんの物凄いおばさんとヤッってしまった人、おしっこ我慢できずにビールジョッキにしてしまいそれを忘れしばらくしてそれをまた飲んでいた人、おじさんにヤラレてしまった人、iPhone発売の行列があったからとりあえず並ぶが別に欲しくない為自分の番になったら帰った人。

きわどいお話もありますが、チョット挙げただけでもコレだけの面白い事が起こっています。もっとも近場だとボクの相方は酒を飲みすぎると何だか医者からの説明は忘れましたが気絶してしまう体質らしく、飲んだ帰り良く電車で気絶をしているそうです。気絶をあまりしたことが無いのでボクらには良く分からない事ですが気絶者曰く、何が嫌だって目覚めた時人が見ていてそれと目が合う感じが物凄く恥ずかしくってたまらないらしいのです。
気絶が度重なるので相方も気絶する瞬間が分かるようになったらしく、目覚めた時の恥ずかしさを回避するために、先日は気絶しそうになり膝をついたくらいの瞬間電車の扉が開き目の前にベンチがあったので、ゴロゴロと横に転がり出て、そのままベンチの下に"スポッ"とはまり人目を回避したらしいです。

どうぞ皆様乗車しようと電車を待っていた人側の見た映像を想像してみてください!
メッチャ面白くないですか?
また、そこのベンチの下から気絶終わって"ゴロゴロ"と目覚め出てくる感じも想像すると面白すぎます。
ベンチの下に転がり出てくる方が圧倒的に恥ずかしいと思うんですけどねー・・・

しかしこれまでの話は自分に害が無いから面白く感じていられるのでしょうね。
次回は実際人の酒癖の悪さで被害を受けた話を記したいと思います。

つづく

==著者プロフィール==
マッハスピード豪速球・ガン太
1984年生まれ。人間の本質をとらえたコントを得意とす るお笑いコンビのネタ作り担当。オフィス北野・フライデーナイトライブで才能を見出され、2012年1月オフィス北野所属となる。テレビ東京「ゴッドタ ン」の若手芸人対象アンケート『華は無いけど実力はある芸人』で3位と周りの若手芸人からも一目おかれる存在。日本喜劇人協会主催『第一回コント新人大 賞』準優勝。また、水道橋博士の運転手だったことでも有名。
続きを読む