ISIL邦人拉致事件・だしぬけに政権批判ツイートを行った共産党議員に批判の嵐


ISIL(いわゆるイスラム国)と見られる武装組織に邦人男性2人が拉致・監禁され、脅迫を受けている事件で、1月25日深夜、菅偉官房長官は緊急記者会見を開き、「このような行為は言語道断の許し難い暴挙であり、強く非難する」との声明を出したが、これに対し、日本共産党の池内沙織議員(32)がtwitter上で発言した内容が、現在、物議を醸している。


これは菅官房長官の会見直後に池内議員が自身のtwitterアカウント上に投稿したもので、「こんなにも許せないと心の底から思った政権はない」「『ゴンゴドウダン』」などと、壊れたテープレコーダーの様に繰り返し、「国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権。安倍政権の存続こそ、言語道断。本当に悲しく、やりきれない夜。眠れない」などと日本政府の対応について厳しく批判した。

しかしその後、これを見た有権者から「まず批判すべきはイスラム国では?」「あなたも議員ですよね?党としてできることはないんですか」「ここぞとばかりに政権批判ですか」「安倍批判に利用したい気持ちはわかるけど、一人も上手に批判できないのかな」「今の状況わかってます?」といった批判が殺到。
その後、こうした批判を受けたからなのか、該当するツイートを削除し、「今の時期に昨日のようなツイートは不適切だと考え削除しました。お詫びいたします」とツイートした池内議員。人質の生命が危機に瀕している中での発言としては、たしかに思慮を欠いたものであったようだ。


文・葛西敦規

【参照リンク】
池内さおり Twitter
https://twitter.com/ikeuchi_saori
池内さおり 公式サイト
http://saori-ikeuchi.com/  
続きを読む