乃木坂46・生田絵梨花が両肩を露出したドレス姿でピアノ演奏、セクシーすぎると話題に


乃木坂46の人気メンバー・生田絵梨花が、初めて連ドラにレギュラー出演しているということもあって、ドラマファンのみならず、アイドルファンからも注目が集まっているフジテレビ系ドラマ『残念な夫。』の第3話が放送された1月28日、ネット上では彼女の登場シーンについて熱心に語り合うファンが相次いでいる。

岸谷五朗演じる細井茂と、大塚寧々演じる妻・美和子の娘・美香を演じる生田は、初回放送時から特技のピアノの腕前を披露するなど、生田ファンにとってはタマらない内容となっているが、この日の放送でも、彼女は大胆に両肩を露出した黒のドレス姿でピアノを演奏。しかし、その衣装がセクシー過ぎたせいなのか、熱心なファンからは「やめろエロい服着せるな」「えりかあああああ」悲鳴に近い絶叫の嵐。逆に、その後のシーンで垣間見せたキュートな笑顔については「キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!」「かわええええええ」「ちゃんいくはほんま天使やわぁ」といった賞賛の声が相次いだ。

通常、人気アイドルがドラマに出演する際には、大胆なラブシーンなどにファンから歓喜の声が上がることもしばしばだが、生田に関してはむしろその逆。どこかありふれたセクシーショットよりも、その気品と透明感を大切にした演技に、注目の集まるところが、本当の意味での彼女の魅力なのかもしれない。

文・久保田太陽

【参照リンク】
フジテレビ公式HPドラマ「残念な夫。」
http://www.fujitv.co.jp/zannen/index.html 
続きを読む