ヨルダン王国のイマン王女が可愛すぎるとネットで話題に 「ヨルダンいってくる」



このところ、はからずも一気に日本のメディア上でも登場頻度が増えたヨルダン王国。「世界有数の親日国」としても知られているそんなヨルダン王国について、近頃、にわかに注目を集めているのが、アブドラ国王の愛娘として知られている「プリンセス ・イマン」こと、イマン王女だ。

1996年生まれで、現在18歳だという彼女は、アブドラ国王とラニア王妃との間に生まれた第二子。現在は米国・ワシントンD.C.にあるジョージタウン大学へと通う女子大生だが、一連の報道により、ヨルダンへの関心が高まる中、海外のニュースサイトなどで彼女の存在を知り、その姿を見た日本のユーザーからは、現在、「かわええな」「なにこの美人母娘」「日本のマスコミはこういうのをちゃんと報じろよ!」「俺、今からヨルダンいってくる!」といった、いささか興奮気味の声が巻き起こっている。

最近では日本でも秋篠宮佳子様のアイドル的な人気が熱を帯びているが、世界的に見れば、イマン王女の人気はかなりのもの。その気高い美貌と活躍に、日本の人々からもますます注目が集まりそうな気配だ。

文・山田浩一

【参照リンク】
http://www.zimbio.com/photos/Princess+Iman
続きを読む