実物の自動車を使ったリアル車将棋が話題騒然 「こち亀かよw」「想像以上にガチ」


実物の自動車を使って将棋をやってみたら...?想像してみただけで、どこかワクワクしてしまうイベントが、来る2月8日、西武ドームで開催される。


これはドワンゴとトヨタマーケティングジャパンが企画・開催する「電王戦×TOYOTA 『リアル車将棋』」なるイベントで、巨大なフィールドを将棋の盤に、トヨタの誇る名車を駒に見立てて将棋をしてみるというもの。しかもこうした壮大なスケールでの対局に挑むのは、羽生善治名人と豊島将之七段。将棋ファン としても楽しめる本格的な内容となっている。

なおこの対局では、羽生名人側が過去の名車を、豊島七段が現行車をそれぞれの「駒」とするが、土生名人にラインナップされているのは以下の車種とのこと。

<羽生名人>
【玉将】トヨペット クラウン
【飛車】カローラレビン(AE86)
【角行】ランドクルーザー(40系)
【金将】プリウス(初代)
【銀将】アルテッツァ
【桂馬】bB(初代)
【香車】MR-S
【歩兵】ヴィッツ(初代)

現在、豊島七段の駒についてはまだ発表されておらず、「当日のお楽しみ」といったところのようであるが、この前代未聞のイベントに、ネット上からは「車で将棋とかマジかwww」「個人的にはかなり胸アツだわw」「こち亀かよwwww」「想像していた以上にガチだった」「なにこれめっちゃ楽しそう」「すげえスケールだな」といった声が。当日はニコニコ生放送でも中継されるようなので、車好きにとっても、将棋好きにとっても、見逃せない内容と言えそうだ。

【動画】http://www.nicovideo.jp/watch/1416968556


文・藤井一成

【参照リンク】
電王戦×TOYOTA リアル車将棋
http://ex.nicovideo.jp/denou/kurumashogi/
続きを読む