ゆうばり国際映画祭で映画界異種格闘技戦が開催 エログロ、ホラー、AVもゴチャ混ぜ!


今年で25周年を迎える「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」。エロにSF、特撮、アニメと多彩なジャンルを網羅した、まさしく映画祭の異種格闘技戦と言っても過言ではない祭典だが、今年も期待を裏切らぬラインナップとなっている。


まずは、いよいよ北海道初進出を果たす『テレクラキャノンボール2013劇場版』。6人のAV監督達が2013年の夏に東京から北海道までをレースとナンパで勝負するという単純な内容で、元は6日間のレイトショー上映のために再編集したのが始まりだったが、上映が始まるやいつの間にか、AVファン、映画ファン、お笑いファンなどを巻き込んでの異例のロングランヒット作品となり話題を集めた。

監督を務めた"カン松" ことAV監督カンパニー松尾は、これまでAVにポップな映像処理や音楽を取り入れるなど、映像的な面からアダルトビデオ界に革新的な影響を与えた人物として多くのファンを持つが、そんな監督の最新作、『BiSキャノンボール2014』もゆうばりの地で上映される。アイドルグル―プBiSの解散ライブ前後3日間を6人のAV監督達がメンバーそれぞれに密着し、その素顔と本音を追ったドキュメンタリー作品。"AV監督×アイドル"という、未だかつてない組み合わせに期待は高まるばかりだ。

AV監督として現在も活動を続ける『メイクルーム』の森川圭監督や、世界的評価も高い井口昇監督の作品の上映も予定。また、女優・広田レオナが三大バレエのひとつ「白鳥の湖」をベースに撮りあげた監督作『お江戸キャンディ』や、4人の若手監督による、日本の都市伝説ホラー"口裂け女"がロサンゼルスを襲撃するホラー作品『口裂け女 in L.A.』、千葉のヤンキー女とピンク色の半魚人との交流を描いた何とも破天荒な『キリミと魚人間』、そして韓国が誇る鬼才キム・ギドクの『ONE ON ONE(原題)』など、気になる作品が多数"襲来"予定である。









「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」は2月19日(木)~2月23日(金)まで開催

※『テレクラキャノンボール2013劇場版』 R-18指定
18歳未満の方はご入場出来ません。

※『BiSキャノンボール2014』 R-15指定
15歳未満の方はご入場出来ません。

(c) 2014井口昇 庭田弘樹 ワンダーヘッド
(c) 2014 ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル/Love Place
(c) 2014井口昇 庭田弘樹 ワンダーヘッド

■参照リンク
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015
http://yubarifanta.com/
続きを読む