『マトリックス』から16年、ウォシャウスキー姉弟のSF超大作『ジュピター』がヤバそうだ!!


『マトリックス』から16年。ラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督が、『マトリックス』以来、初の完全オリジナル・ストーリーで描く新次元の超視覚体験『ジュピター』が、3月28日、日本公開となる。


主演にチヤニング・テイタムとミラ・クニス、脇にショーン・ビーンとエディ・レッドメインという、映画ファンにはたまらないキャスティングも話題だが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『ターミネーター:新起動/ジェニシス』などの公開が続々控える"SF超大作イヤー"2015年、その筆頭に、この『ジュピター』が降臨するのだ。

解禁となったキャラクタービジュアルでは、『スター・ウォーズ』のような壮大な世界観、『ブレードランナー』のブラスターのような銃を手にした主人公など、SF映画の金字塔と称される傑作へのオマージュもあちこちに垣間見えるが、ウォシャウスキー姉弟、今度はいったいどんな世界を我々に見せつけてくれるのだろうか。






地球で冴えない生活をしていたジュピター・ジョーンズ(ミラ・クニス)。ある日何者かに襲われ、突然現れた強靭な戦士ケイン(チャニング・テイタム)に助けられたジュピターは、自分が宇宙最大の王朝の王族だと知らされる――。

人類の危機を阻止するため、身分の違う二人が、宇宙最大の王朝を相手に戦いを挑む!

『ジュピター』は3月28日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国公開

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

■参照リンク
『ジュピター』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/jupiterascending/
続きを読む