amazarashi『東京喰種』新作PV、生肉で綴った歌詞をむさぼる映像がヤバすぎる

amazarashiの新曲「季節は次々死んでいく」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。テレビアニメ『東京喰種トーキョーグール A』のエンディングテーマに起用されたこの楽曲のミュージックビデオでは、amazarashiの歌詞を表現するために、レーザーカッターで生の牛肉を歌詞の形に切り取るという斬新な手法を採用している。PVのクリエイティブディレクターはSIXの本山敬一( http://sixinc.jp)、映像監督は稲葉右京( http://ukyoinaba.com/)が務めた。



映像の冒頭ではミュージックビデオのテーマにもなっている「イノチはイノチを食べて生きています イノチを食べた私はいつかイノチに食べられる 私が美味しいといいのだけれど」という谷川俊太郎の詩を引用している。また女優の松永かなみが、生肉で紡がれた歌詞を時には手づかみで次々と食べていく姿が『東京喰種』の登場人物を想起させるとともに印象的な仕上がりとなっている。またこのPVでは『東京喰種』の原作漫画にインスパイアされる形で、原作でも多様されている隠し文字の手法でメッセージが入っているとのこと。




今回公開された「季節は次々死んでいく」を含むシングルは2月18日にリリースされる。
https://www.youtube.com/watch?v=wtJcLWeY114


【参照リンク】
amazarashi オフィシャル・サイト
http://www.amazarashi.com/
続きを読む