ルノーがバレンタインにむけて100台限定販売する「大人の恋すぎる」車が話題に


今年も2月14日のバレンタインデーが近づいているが、そんなこの季節に「大人の恋すぎる」と話題を呼んでいる車があるのをご存知だろうか。


「ルノー ルーテシア ガナッシュ」。名前からして芳醇なチョコレートを彷彿とさせるが、この車、「LOVE=恋に落ちる」をデザインテーマとした「ルノー ルーテシア」に、「甘く、時にほろ苦い恋の始まり」のイメージを重ねた限定100台しか販売されないスペシャルすぎる車なのである。

官能的な曲線だけで構成された、思わず手を触れたくなるような情熱的なデザインは、ルノーの新しいデザイン戦略"サイクル・オブ・ライフ"の「LOVE」を体現しているそう。"男女が恋に落ちる瞬間は、いつもチョコレートのように甘く、時にほろ苦い"――。ルノー ルーテシア ガナッシュのボディカラーは、そんな恋の始まりのイメージにふさわしいシックなブラウンカラー「マロンアルダンM」。この色合いがまたより一層"大人の恋"を感じさせる、洗練された外観を演出している。

外観ボディと同様、インテリアも「ノワール/マロン」を基調とする同系色の落ち着いた色味。カカオ生地に生クリームやフレーバーを加えた上質なチョコレート「ガナッシュ」のように、内外観のトーンに変化をつけており、そのコントラストはもはや芸術的な完成度の高さと言っても過言ではない。


先日伊勢丹新宿本店主催で開催された日本最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ2015」のイベント会場で初披露され、話題となったこのルノー ルーテシア ガナッシュ。1月20日から販売開始となっている。

■参照リンク
ルノー ルーテシア ガナッシュ
http://www.renault.jp/car_lineup/lutecia/ganache/
続きを読む