大竹しのぶ、木村多江らが「真っ黒」なナースに 実在事件ドラマに話題殺到


現実に起きた事件をベースに、そのあまりに奇異な人間関係を描いたことで注目が集まる、赤と黒のゲキジョードラマスペシャル『黒い看護婦』が、本日2月13日夜、放送される。


本作は、2002年に福岡県で発生した「久留米看護師連続保険金殺人事件」をベースに書かれた作家・森功の『黒い看護婦―福岡四人組保険金連続殺人―』(新潮文庫)を繊細にドラマ化。この事件は、同じ看護学校に通い、なぜか同じマンションで特殊な共同生活を送っていたという4人の看護師が共謀し、それぞれの親族やパートナーを殺害した挙げ句、その保険金を騙し取り、豪奢な生活を送っていたというものであったが、本来、人の命を救う看護師という仕事にありながら、仕事で培った知識と経験を元に、その腕を使って人を殺すという前代未聞の事件であったことや、彼女たちのあまりに複雑怪奇な人間関係などから、発生当時、新聞やニュースなどでセンセーショナルに報じられたことは、世人の多く が記憶するところだ。

そんな事件を題材につくられたこのドラマで、犯行グループである4人の看護師を演じるのは、大竹しのぶ・寺島しのぶ・坂井真紀・木村多江の演技派女優たち。とりわけ、木村については、これまでも『救命病棟24時』(第4期/フジテレビ)をはじめ、その生真面目なナース役がひとつのハマリ役となっており、現在TBS系で放送中の『まっしろ』でも、正統派の「デキる」看護師長役を演じているだけに、彼女がそうしたこれまでの「まっしろ」な看護師と、今回の「まっくろ」な看護師をどう演じわけるのにも注目が集まっている。

なお、実際に起きた事件においては、大竹しのぶ演じる主犯格の看護師が、希有なカリスマ性を発揮し、彼女によって残り3人の看護士たちが、身も心も掌握される中、あまりに大胆かつ残忍な犯行が実行された点も指摘されているが、そうした世界を描いたという点においても、本作が放つ異彩は相当なもの。一般的なミステリードラマ以上に多くの謎を孕み、想像もつかないほどに入り組んだ複雑怪奇な世界と、それらを彩る名女優たちの好演に注目しつつご覧頂きたい一本だ。

文・久保田太陽

■参照リンク
『黒い看護婦』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/kuroi_kangofu/index.html
続きを読む