『第9地区』『クロニクル』を凌ぐ!?特殊能力もっちゃった系映画『シグナル』がスゴそうだ


謎の化学物質を浴びたことで徐々に異星人"エビ"の姿へと変態していく『第9地区』、空から落ちてきた"何か"と接触してしまったためにサイキック人間になってしまった『クロニクル』。そしてさらなる強大な力を持ってしまうのが5月公開の『シグナル』だ。



監督は新人ながらデヴィッド・リンチ、スタンリー・キューブリックの再来と評されるウィリアム・ユーバンク。主演は 2017年公開予定の超大作『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作に出演するハリウッドきっての推しメン俳優ブレントン・スウェイツ。アメリカで大ヒットしたホラー映画『Ouija』主演の若手女優オリヴィア・クックがヒロインを務め、SF映画には欠かせないローレンス・フィッシュバーンが謎の研究員として出演。

謎の人物"ノーマッド"からハッキングを受けたことが発端で、MITに通う大学生3人はそのハッキングを逆探知して居所を掴む。辿りついたのは無人の廃墟。しかし、その場所で何かと接触してしまったため、とある研究施設に隔離されてしまう。この施設に疑問をもった主人公ニック(ブレントン・スウェイツ)は脱出を試みるが、追っての研究員たちによって窮地に立たされたとき、足が謎の変形をし、思いもよらない力が発動する、というストーリー。

今回はその足が変形した主人公が横転したトラックの前でたたずむ写真が解禁!果たして彼らに備わってしまった力とは一体、何なのか。新たな才能たちが紡ぎ出す挑戦的SFスリラーに期待が高まる。
続きを読む