NBA史上最高の19歳ダンカーが見せる超絶ダンクが凄い【動画】


NBAのスラムダンクコンテストで優勝したザック・ラヴィーン(19歳)の華麗なダンクシュートが話題だ。


2014年にミネソタ・ティンバーウルブズに入団したばかりのラヴィーンは、2月14日に行なわれたコンテストで決勝に進出。映像はその時のもので、オーランド・マジックのビクター・オラディポを下し、見事優勝を決め、同大会で歴代2番目に若い勝者となった(最年少記録は、コービー・ブライアントの18歳)。

ラヴィーンはまず、スリーポイントラインからボールを投げ、ワンバウンドしたところをキャッチ。いわゆるワンマン・アリウープの状態から、さらにボールを股にくぐらせる小技を見せ、右手だけでボールをゴールに叩き込んだ。

https://www.youtube.com/watch?v=IwB4idmx7oE


大会後に「50点(満点)を取れるようにと、僕はどのシュートも全力で挑んだ」と語ったラヴィーン。彼は結局、4度のトライで合計194点(200点満点)と完璧に近いスコアをたたきだした。

そんなラヴィーンの超絶ダンクシュート映像は、公開からたった2日で420万近くの再生回数を記録。コメントも2,300をゆうに超え、

「NBA史上最高のダンカーが生まれた」
「逆に、奴の優勝はないと思ってた人っているのかな?」
「ラヴィーン本人よりも、解説者たちが興奮してるなwww」
「ここ5年の大会で一番のダンクだと思う」

と称賛と驚きのコメントが多く寄せられている。

【参照リンク】
・Zach LaVine Throws Down the "Space Jam", Wins 2015 Sprite Slam Dunk - 9GAG.tv
http://9gag.tv/p/aVYqaX/the-2015-slam-dunk-champion?ref=tcl
続きを読む