AKB48田北香世子、4時間ひとりカラオケの選曲に「ヤバすぎるw」「ガチオタw」の声


最近では老若男女を問わず、一人でカラオケを満喫する「ヒトカラ」を好む人々が急増しているが、そんなブームの中、4時間に渡って「ヒトカラ」を満喫してきたというAKB48・田北香世子の選曲が、あまりに「ガチオタすぎる」と注目を集めている。


これは彼女が2月19日に、トークアプリ・755上に投稿し、明らかとなったもので、彼女が公開した2枚の画像のうち、1枚目に並んでいたのはすべて渡辺麻友の楽曲。そして、2枚目の画像では、「シンデレラ 」をテーマに、Berryz工房の『21時までのシンデレラ』や、THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTERの『お願い!シンデレラ』などをチョイスしていたことが判明した。そのため、この画像を見たファンからは、「クソワロタ」「田北は超有名なヲタやがな」「ヤバすぎるwwww」「ペコちゃん笑」「シンデレラメドレーとかいう謎の縛り」「まゆオタだったのか」「この手の選曲で4時間w」「なんか微笑ましいなw」と、実に様々な声が相次いだ。

学校の友達や職場の同僚などと行くカラオケとは違い、思う存分、自分の好きな楽曲を熱唱できることも「ヒトカラ」の持つ大きな魅力。彼女がそうした時間を満喫することでリフレッシュし、また明日から本業の方でもバリバリと活躍してくれることに期待したいところだ。

文・久保田太陽

■参照リンク
田北香世子 755
http://7gogo.jp/lp/w3De4uJkhUYWkVIvojdMdG==/12578
続きを読む