「しまじろう」こと縞野しまじろう(設定上5歳)の急速なデジタル化がスゴすぎる


教育教材『こどもちゃれんじ』の人気キャラクター「しまじろう」。天真爛漫な幼児のイメージがある彼も、設定上は5歳だが実は今年で27歳を迎えるアラサー男子だ。その活動は、ここ最近、デジタル分野にも幅を利かせてきている。30歳を前にして何があったのか?



しまじろうといえば、これまで紙媒体での活動をはじめ、アニメでもおなじみの存在。アニメは93年から放送されているが、改編を経て現在はフルCG化され『しまじろうのわお!』として放送中だ。その映画化第3弾にも、最新のCG技術が駆使されており、3月に公開を控えている。
さらに、デジタルメディア・デバイス関連への進出も著しく、自分が描いた絵が動き出す「空想どうぶつえん」が人気だ。また、期間限定だがLINEの公式スタンプにも満を持して登場した。デバイスでは、タブレット端末「HP Slate7 しまじろうモデル」が発売され話題をよんだ。

そんな、しまじろうだが、2月17日にコンビニでプリペイドカード化も果たした。単に"しまじろうモデル"ではなく、機能面もハイテクな「BenePa(ベネパ)」だ。『こどもちゃれんじ』や『進研ゼミ』といった教材がプリペイド化され、カードに記載された数字を専用サイトに入力することで、PCで学習できる。
教材がデジタル化したことで、幼児から高校生まで自分の学年や学力に合わせた算数や英語など32種類の教材の中から、苦手分野などを選んで、動画や音声を使った解説を通して学べることになる。プリペイド式とデジタル教材を掛け合わせたことで、通信講座にありがちだった途中で挫折する懸念点が払拭されそうだ。

しまじろうのデジタル分野への進出は、ここまで急激に進行していた。しまじろうこと本名「縞野しまじろう」の30代を見据えたキャリアアップの一環なのだろうか。

ちなみに、昨年末から、眼鏡にスーツという姿で、ダンスユニット「WORLD ORDER」とコラボし、youtube上で"かっこいい男"をアピール中のしまじろう。やはりアラサーを意識し始めたのかもしれない?

【動画】http://youtu.be/W0y6ZKmrErg


■参照リンク
https://benepa.jp/top/
続きを読む